■稜線が鮮やかな新緑になりました■
H19.7.4

【眩しい新緑】
ようやく合戦小屋から上部の稜線上も鮮やかな新緑になってきました。
雪も沢筋などには残っているものの、登山道からは消え、あとは梅雨明けを待ち、夏本番を迎えるばかりとなりました。動植物の活動も盛んになってきました。
【合戦小屋】
合戦小屋のベンチ 合戦小屋周辺に咲くナナカマド
合戦小屋でも多くのお客様を受け入れる準備が急ピッチで進められています。
ベンチの補修やスイカ売店の準備など。秋に赤い実をつけるナナカマドは白い花を咲かせています。
【燕山荘直下の夏道開通】
燕山荘直下のテント場付近の雪 燕山荘直下の夏道
ここ一週間ほど集中して取り組んだ除雪作業の結果、ようやく夏道が開通しました。唯一、雪の上を歩くことになるのは、燕山荘直下のテント場付近の約10mほどです。このあたりはまもなく一面見事なお花畑となります。もう、すでに数種の高山植物が花をつけ、お客様のお越しをお待ちしております。
イワカガミ ショウジョウバカマ
サンカヨウ オオバキスミレ
ヒメイチゲ タカネサクラ
エンレイソウ

ー今週のコマクサー
もう一息ですね。眩しい太陽を待ち望んでいます。
梅雨前線の微妙な動きでお天気は一変します。晴れ間がのぞけばまさに夏本番と同じ陽気になります。
天気予報をよくご覧いただき、是非、梅雨の中休みのワンチャンスを狙ってみてください。
気持ちよい森林浴が満喫できると思います。
写真   井村 克彦  榊 寛昭

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ