■最盛期を控えた燕岳■
H19.6.28

梅雨の中休み、最盛期直前の燕岳・表銀座の様子です。大勢の登山客で賑わう前の一時の静寂。
燕岳周辺の自然の息吹は着実に夏本番へ衣替えを始めています。

夏至近くの日の出
【燕岳周辺の様子】可憐な花も咲き始めました
槍ヶ岳への縦走路 燕岳方面
ミヤマキンバイ ウメハタザオ
イワウメ キバナシャクナゲ
コマクサ(例年に比べ開花は遅めになりそうです)
【布団干し】
夏への準備は自然界だけではありません。燕山荘でもこれから夏本番に向け、お客様に快適に安全に過ごしていただくために地道な準備を急ピッチで進めています。少しでも晴れ間があれば、スタッフ総出で布団干し。気持ちいいんです。槍ヶ岳を眺めながらのこの作業が。
【山荘周りの整備】
新しいベンチ作り。
若い頃、燕山荘の別館も作っていただいた大工の棟梁田口さん。若いスタッフが手番しながら作り方を伝授してもらっています。
山荘周辺の支柱建て ヘリポート修復作業
【夏至近くの日の入り】
最近の平均気温  朝 6℃  日中 15℃
合戦の頭から山荘までの登山道は夏道の上に所々残雪が被っているという状況です。
登山靴でキックステップが可能であれば、アイゼンは必要ありません(まだスニーカーは不適)。

梅雨の中休み、天気予報をご覧いただき是非おでかけください。
静寂なひと時、この景色と一緒に過ごせたら言葉がありません。
写真   榊 寛昭

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ