■登山道のあちらこちらで雷鳥に会いました■
H19.6.8


雷鳥のつがい
ここ数日、雷鳥のつがいをよく目にし、写真にも収めることができました。
燕山荘直下の登山道で砂浴びをする雷鳥のメスです。すっかり夏毛に生え変わりました。
ご覧のとおり、接写できるほど、このメス雷鳥の警戒心は薄いです。
約1.5mの距離まで近付いて撮る事ができました。

オスの雷鳥
おそらく、砂浴びしている雷鳥のお相手のオスと思われます。
最近、燕山荘下でよくつがいを見かけます。産卵の時期です。
オスの雷鳥はこの時期縄張り争いのため、よく小高い岩の上で他のオスの雷鳥を威嚇し侵入を防ぎます。これは燕山荘第二別館の裏手になります。

通りがかったお客様も「大自然を満喫するとは、まさにこのことですね。一生の思い出になります!」
と大変喜ばれ撮影に夢中でした。
お気持ち十分お察しいたします。が、どうぞ、雷鳥さんがビックリしないようにそっとお願いいたします。
写真 榊寛昭 野呂満

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ