■初日の出を拝する■
H19.1.4

あけましておめでとうございます
旧年中は燕山荘をご愛顧賜り誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2007年元旦 6時55分  燕岳頂上から拝する初日の出
2006年〜2007年年末年始の北アルプスは無風快晴の冬山らしからぬ穏やかな天気に恵まれました。
一年の終わりの素晴らしい夕日と新年のご来光の両方を満喫できる幸運に恵まれました。
年末年始 燕山荘の様子をご紹介いたします。
2006年12月31日〜2007年1月2日 快晴の中、第三回ビギナーのための冬期燕岳登頂ガイドツアーも開催いたしました。冬山では、体温を下げないように、汗をかかないようにゆっくり登るのがコツです。
朝7時30分中房燕岳登山口を出発、15時20分燕山荘に到着しました。

2006年12月31日 16時30分
太陽の周りに珍しい光の輪や虹が出現するという
珍しい現象を見せながら2006年最後の夕陽が沈みました。
大晦日の燕山荘内の様子です。オーナー赤沼の山の話の後、好例のふるまい酒と年越しそばを食べながら、この日ばかりは特別に消灯時間を延長して新年を迎えました。

初日の出は美ヶ原後方、秩父の山から
燕山荘より槍ヶ岳を望む 燕岳頂上より北燕岳、立山、剣岳を望む
新年の槍穂高連峰のモルゲンロートは最高の感動を与えてくれました。
たくさんの方が初日の出を撮影するためにカメラを構えていました。
朝食後、燕岳頂上に向け歩く人の列。ハイ松などの高山植物をいためないよう注意しながら歩きます。

2007年元旦 燕岳頂上にて
北アルプス全山から富士山、南アルプス、浅間山がきれいに見え、感動の登頂になりました。
お正月イベントのひとつ、もちつき大会。 燕岳をバックに2回お餅つきを行いました。
高所のため、もち米を蒸すのに約7時間かかりましたが、搗き立てのお餅の味は最高です。

1月2日 下山日は天気が急変、冬山らしく厳しい下山となりました。
が、厳しかったのは燕山荘周辺だけ。三角点付近まで下りると光があたってきました。
今シーズンの年末年始登山は天気に恵まれました。

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ