■冬に向かう燕岳■
H18.11.7

11月3日 燕山荘玄関前の様子

前夜、雪が少しちらつき、根雪になるのかなと思われたのですが、11月3日は快晴、素晴らしい天気となりました。槍ヶ岳や穂高岳の積雪も例年に比べ少なく、穏やかな文化の日の連休となりました。
(11月3日 ご来光6時11分 気温 朝−4℃ 昼6℃ 微風)
朝日の当たる槍ヶ岳
燕岳周辺の木々の葉は全て落葉してしまいましたが、岳樺の木が白く浮き上がり、独特の雰囲気を醸し出しています。
朝方、僅かに積もっていた雪も、午前中には融けて夕方までのどかな燕岳でした。
雪がなくてもさすがに11月。山荘の中では、身体が温まるように「あったか鍋」を始めました。
十三夜 お客様の夕食時、外には明るいお月様がでていました。
11月になると大気が澄み、日中は綺麗な青空、夜はお星様がこんなにあったのかと思えるほど素晴らしい天体ショーを見せてくれます。11月4日の朝5時まではまだ夜も明けず本当にきれいな星明かりでした。
11月は新雪の北アルプス、本当にきれいな星空の天体ショーを手軽に楽しめます。下山後、冷えた体を温めてくれる中房・有明荘の湯も魅力です。
燕山荘、有明荘は11月25日まで営業しております。
※10月20日から、合戦小屋の営業は金曜日〜日曜日の週末三日間のみの営業となります。
また、大天荘、ヒュッテ大槍の今シーズンの営業は終了致しましたので縦走される方はご注意ください。

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ