■高山植物の花が咲きそろってきました■
H18.7.11

燕岳への登山道は、雪が消え、新緑(山の上では)がまぶしい季節となりました。燕岳の頂上稜線では、生まれたばかりの可愛いヒナ6匹を連れた雷鳥の親子が登山者の足を止め楽しませてくれます。
蕾の多いコマ草は今週末にはたくさんの花を咲かせてくれると思います。
ウラジロナナカマドと燕岳 燕山荘付近のミヤマザクラ
ナナカマドやヤマザクラが咲き、燕岳は今が「春」です。
槍ヶ岳とコマ草 保護色の雷鳥の親子
コマ草と槍ヶ岳を見ていると、足元に雷鳥の親子が現れました。
雷鳥の写真を撮ろうとして親子を追いかけないでください。親とはぐれたヒナは自分で体温調節ができないので死んでしまいます。6匹も元気よく走り回るヒナのお母さんは大変です。
コマ草のお花畑 コマ草の蕾
蕾の形が馬の頭に似ていることから駒草と名前がついたそうです。燕岳のコマ草畑は今週末から見頃になるでしょう。
ミヤマキンバイ ハクサンイチゲ
春の花の代表、ミヤマキンバイとハクサンイチゲが頂上までの稜線を楽しませてくれます。
ミヤマキンバイ イワヒゲ
燕岳の独特の岩には栄養の素がないと思われるのに可憐な花が咲いています。
朝の燕山荘・喫茶サンルーム
燕山荘の気温は、現在朝夕が8℃前後、日中は15℃前後、気温は日に日に上昇、Tシャツ姿の方も目だってきました。ぼつぼつストーブをしまおうかなと思っています。
売店や喫茶も7月の連休に向けて準備は整いました。人気の生ビール、コーヒー、ケーキはもちろん、牛乳が好きな人はイチゴミルクもお楽しみいただけます。
7月上旬の今は縦走される方は少なく、ゆっくりと朝のお茶を楽しまれているお客様が多いです。

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ