第6回ビギナーのための春山体験登山教室
6月3日〜4日 
H18.6.6

6月3日、4日 今シーズン最後のビギナーのための春山体験登頂ツアーを行いました。
今 燕岳は残雪の北アルプスの展望をはじめ、雷鳥、新緑、早咲きの高山植物、野鳥のさえずりなど、春山登山の楽しさを全て体験できるベストシーズンを迎えています。
ツツジ バイカオーレン
中房の燕岳登山口を少し登ると、もう高山植物が咲き始め、多種にわたる野鳥のさえずりも聞くことが出来ます。
標高2,000mの第三ベンチまでは雪も消えました。燕山荘スタッフは、シーズン中安全に登っていただけるように雪の消えた登山道の整備を始めています。
合戦小屋でアイゼンを履いたあと、滑落停止の練習を行いながら燕山荘を目指します。下山の時は第三ベンチの上部でアイゼンをはずしました。
燕山荘に到着すると雷鳥の夫婦が迎えてくれました。いつも見かける仲のいいツガイです。
メスは、ほとんど夏の羽に変わっていて、やさしい目をしています。
オスの雷鳥は縄張りを守るためか、たまに目つきが悪くなりますが、緑の新芽を美味しそうに食べていました。
雪融けも順調に進み、雪に埋もれていた燕山荘周辺にやっと一部地面が見えてきました。小屋の中も光が入り明るくなりました。6月は「春山」をじっくり静かに楽しめるいい時期です。
今回で、今年の春山体験ツアー企画を全て終了致しました。

燕山荘から燕岳までの稜線は、ピッケルアイゼンはいりませんが
燕山荘までの合戦尾根は、まだまだ雪がありますので、アイゼンとピッケルは必ず持参してください。
担当ガイド  森 聖   野崎和彦 

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ