第4回ビギナーのための春山体験登山教室
5月20〜21日 さわやかな登山に感激
H18.5.24

「やっぱり、360度のパノラマを見ながらのコーヒーは最高ですね!」
五月晴れの5月21日 さわやかな風がそよぐ中、燕山荘玄関前のベンチで
北アルプスの雄大な景色を満喫している第4回目ツアーの皆さん。
「こうかな?あれちがうかな?」 「あれっ、槍ヶ岳も出てきたよ」
5月20日 合戦小屋付近で滑落停止の講習の後、より急斜面を求めて合戦の頭へと移動しました。
「本当にピッケルで止まるんだ」 「わぁーきれい、やったー」
天気予報が“大雨”だったため、参加者が少なかったので、じっくりと講習ができました。合戦小屋でザイル講習も行い、夕日が当たる頃燕山荘に到着。裏銀座の山々から、槍、穂高連峰までの雄姿に感激。
5月21日快晴の中、全員で燕岳頂上を目指しました。
「登頂!」 「すごい、どれが剣岳?」
剣・立山連峰、白馬連峰がクリアに見えて、とても近くに感じました。
「おもしろい岩」 「あっ、雷鳥だ」
「雷鳥って、オーナーのこと知っているんですか?」
オーナーの足元でエサをついばみながらゆっくり通り過ぎた雷鳥は、もう夏の羽に変わっていました。
お客様から「1泊2日の登山なのに充実してました」といわれました。
5月、6月の山の良さは、吹く風が心地よく、さわやかな登山が出来ることです。
GWと夏山最盛期までの間のこの季節は、訪れる方も少ないので静かに山を満喫していただけます。
まだまだ雪があります。ピッケル、アイゼンはお忘れなく。
担当ガイド  赤沼健至 野崎和彦

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ