■雪融けも急速に進んでいます■
H18.5.18

燕岳の気温はマイナス1℃〜プラス2℃。日中は5℃〜6℃です。
まだまだ小雪のちらつく燕岳ですが確実に雪融けが進んでいます。
松本市や安曇野市で気温が30℃を超えた日、燕岳や槍ヶ岳方面でも積乱雲が発生して夏のようでした。小屋番としては雪を融かしてくれる雨は大歓迎です。
ご来光 4:42 日の入り 6:50
太陽もだいぶ左へ移動して、現在は志賀高原の横手山周辺から昇り
日の入りは水晶岳と野口五郎岳の間に入ります。
日の入り後も春らしい淡い色合いです。
屋根の上6mもあった雪もスタッフ懸命の努力で掘り下げました。
雪の重さで小屋が傾いていて開かなかった個室のドアも徐々に開くようになってきました。
小屋も雪の重さから開放されてホットひと息です。

5月中旬からの登山は、雪も雨も降りますので手袋など濡れないように工夫しましょう。
現在、第二ベンチまで雪が融けていますので、第三ベンチ(標高2000m)からアイゼンをつけて登っています。
写真 井村克彦

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ