■燕岳登頂ツアーが始まりました■
H17.12.26

年末年始に4回企画している燕岳登頂ツアーの第1回目を、12月23日(金)〜25日(日)、記録的な大雪の中行いました。
何回も事前にトレースをつけてベースができていたので登りやすかったのですが、さすがに強風で第三ベンチを過ぎた所から吹き溜まりで胸までのラッセルとなりました。富士見ベンチの上で、燕山荘からトレースをつけに下山したスタッフ森、柴田と合流、無事燕山荘に到着しました。
中房登山口7:30出発、燕山荘には3:00到着でした。
第二ベンチ付近 合戦小屋
今年は雪が多いので、ワカンあるいはスノーシューは必ずお持ちください。上山時、合戦の頭までは必要です。ワカンやスノーシューで歩きずらい方はストック2本あると便利です。
燕岳頂上から燕山荘に戻る クリスマスイブの夕食風景
12月24日、吹雪の中登頂。スタッフの森、柴田は今日も合戦小屋までトレースをつけに下山。
大勢のお客様が登ってこられました。今日はクリスマスイブです。
クリスマスプレゼントとスタッフ手作りのケーキ。今年もお客様に大好評。
冬山はこれだからやめられない。25日朝は大快晴となり一生涯心に残る最高の冬山シーンが現われました。深雪のフワァッとしたやわらかさと美しさはこの時期しか体験できない、冬山ならではの現象です。
夏にはテント場となるところには、セッピが大きく張り出し、今年の雪の多さを物語っています。
でも、稜線は雪がしまってアイゼンがよくききます。
素晴らしい冬山となりましたが、今年は変化に富んでいます。
アイゼン、ワカン、防寒具等装備チェックを怠らずに。
後ろ髪を引かれる思いで下山。合戦小屋にはもう上山のお客様が登って来ていました。
燕山荘のツアーは次回 12月27日〜29日、12月31日〜1月2日、1月4日〜6日
中房登山口から登ります。
大自然の感動を登山者の皆さんと共有する喜びを感じています。
「今回もきてよかった」といわれて、最高でした。

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ