■燕岳に初雪が降りました■
H17.10.24

朝食後、急に現れた白銀の世界に大喜び、思わず叫びたくなる感動がありました
10月22日、朝から雪が降り始めました。例年に比べてかなり遅い初雪です。
雪が降っているため下山をしてしまった人が多かったのですが、23日は素晴らしい快晴となり
お泊りいただいたお客様は大喜び。燕山荘から望める富士山も頂上の冠雪がはっきりと見えました。
山荘では、この急激な寒気の流れで水道の水が出なくなり大慌て。日中は気温も上昇して
登山道の雪も消えてきましたが、午後になってまた雪が降る面白い一日となりました。
登山道の雪は、合戦の頭〈三角点)から上部に1〜3cm積もっている程度です。
初冬を感じさせる美しい雪景色と、下山後、身体を温めてくれる温泉でくつろげる山旅は最高ですね。
紅葉は中房の谷を彩り始めています。今週末頃が最高になるでしょう。
朝方は、ガスの中あまり視界がよくなかったのですが、強風がガスを吹き飛ばして
雪化粧をした燕岳が現れました。積雪は5p程、テントの人達は雪の中、寒くなかったかな。
あまりにもきれいな世界に感動されたお客様が、後ろ髪を引かれる思いで下山されました。
10時頃には強風もおさまり、気温が上がり始めました。燕岳の頂上方面も、
合戦尾根の登山道の雪は3〜5p、アイゼンは必要ない程度です。このまま、気温が上がらなければ、
凍りやすくなるので、軽アイゼンは念のためあったほうが良いかと思います。
槍ヶ岳への登山道上の雪はそれほど多いとは思えませんが槍ヶ岳山荘さんに問い合わせてください。
途中の、大天荘、大天井ヒュッテ、ヒュッテ西岳、ヒュッテ大槍は営業が終了しております。
また、これから雪のある時は、大天井岳の頂上から槍ヶ岳へ目指してください。
切り通しから大天井ヒュッテの間は危険です。
急な冷え込みのため水が凍ってしまいました。
井村支配人は、水道の応急処置のため、パイレンをもって走り回っていました。
合戦小屋まで下りると雪はありません。中房登山口から車道を10分下ったところにある
有明荘のアリアケモミジが赤く紅葉し始めました。
大露天風呂から立ち上がる湯煙が季節の変わり目を感じさせています。
冷えた身体で温泉にゆったりとつかると至福の山旅を満喫できます。雪と紅葉と温泉は最高です。
中房線の紅葉は今週末頃が見頃を迎えると思います。
また、穂高駅より中房までの乗り合いバス(1,610円)は、11月13日まで運行いたします。l

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ