■ファミリー登山教室が開かれました■
2005.8.20〜21一泊二日

H17.8.23

今回は、アラスカのマッキンリー山に16年連続登頂を続け
また、ヒマラヤのチョオユー(8,200m)をはじめ、数々の高山に登り続けている
オーナーの親友、大蔵喜福氏が特別講師です。
スープをつくる 指導は大蔵さん
お昼の献立は、ハムとウインナーサンドとスープ。水分はとても重要なんだよ、パンは軽くていいんだ
「うまい!」やっぱり山の中で作る食事は美味しい。
最後の味付けは大蔵さん 隣で岡山大学の学生さんも調理中。
こんなに高い所まで登ってきたんだね。 あそこが燕山荘だよ
ナナカマドの実が赤くなってきたね 燕岳とナナカマドの実
合戦小屋の方が実が赤かったよ
燕岳から帰ってくる人達。僕たちも登頂するぞ! ついに登頂
合戦小屋では雷が鳴って雨が降っていたのに
よかった、よかった。
下山途中でテンや雷鳥に出会いました 5時10分ご来光
光のシャワーが見えました 高瀬の谷にブロッケン現象が二重に出ました
ブロッケン現象に手を振ると手が動くんだ オーナーがコマ草の説明をしてくれました
登頂証明書と記念品が
大蔵さんから手渡されました
さようなら。全員無事下山できました
大蔵さんから、自然の大切さ、楽しみ方、また、一人ひとりがマナーやルールを守ることで
自然保護ができることを教えてもらいました。
大蔵さんありがとうございました。ご参加いただいたファミリーの皆さんお疲れ様でした。
また、お会いしましょう。

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ