スノーシューハイクの持ち物、服装

ザック 20L前後のもの
手袋 暖かいアンダーグローブと、吹雪の時はその上にオーバー手袋
靴下 暖かいものが快適
普通の登山靴でもかまいませんが、防水、防寒の効いているものが雪の上を快適に歩けます。
ウエア 冬山用ジャケット、オーバーパンツ。ゴアテックスの登山用雨具でもかまいません。
フリース 重ね着ができるもの
下着 汗をかきますので、速乾性の素材をおすすめします。
スパッツ 靴の中に雪が入らないように。
帽子 耳まで覆えるもの(風から寒さを防ぐ)。
サングラス ゴーグルでも可
保温水筒 暖かいものがすぐ飲めます。
行動食 チョコレートや飴、クッキーなどすぐ食べられるもの
日焼け止めクリーム 紫外線予防のため
敷物、カップ 休憩時や昼食時に座る時おしりが冷たくありません。
カップは200ml前後のもの

※携帯しているとハイキングが楽しくなるもの(持参しなくても問題ありません)
カメラ 大自然の素晴らしさ、感動を収めましょう。
携帯コンロ、コッヘル
軽量のスコップ
昼食時に自分で雪を溶かしてクッキング、楽しさ倍増です。
雪のテーブルやベンチ作り、雪洞堀の遊びにスコップは便利。
コンロ、コッヘル、スコップなどはガイドが必ず携帯しております。
お願いと注意
1.スノーシューハイクは雪のフィールドに入ります。標準的で健康な体力が必要です。
2.安全を考えて、天候、積雪の状況により、ガイドの判断でコース変更をすることがあります。
3.団体行動となりますので、お互いに助け合いながら楽しいハイキングにしましょう。
4.装備は最小限にし、ザックの中身はできるだけ軽くしましょう。
5.ゴンドラ、リフト代は実費となります。

戻る