◆燕山荘スノーシューツアー・厳冬期の奥上高地ツアー2泊3日 ◆
H26.2.6 更新


2月3日〜5日奥上高地スノーシューを行いました。冬の上高地の魅力は夏の賑わいから一転して「静寂」なこと、そして雪。真っ白な穂高連峰、明神岳、焼岳など美しい山岳を見ながらの絶景ハイキングができることです。山々が迫ってくるような素晴らしい景色に、皆様大感動でした。

穂高連峰

とうとうと流れる梓川、ある地点から川の上を歩くことができるんです。いつのまにか川が一面の大雪原に、びっくりです。

奥上高地はその静けさと凛とした冷たさがいいんです。3日目の朝、気温はマイナス15℃でした。

写真ではお伝えしきれないくらいの圧倒される景色に、「素晴らしすぎるね」とおっしゃっていました。

雪がある今だから歩ける「梓川スノーシュー」。「夏だと考えられないね、不思議だわ」

うっすら見えてきた前穂高岳をバックに
「迫力あるね」。
燃えるように赤く色づくケショウヤナギ

山談議に盛上りました

明神岳

きらきらです

霞沢岳(右)と六百山(左)

焼岳


河童橋
最終日はだんだんと晴れてきましたので、名残惜しく何度も振りかえりました。
「冬だから心配したけど思い切って参加して良かったです」
「以前冬に歩いて感動したので、今回は友達も連れてきました」
歩いた分だけ素敵な景色に出会えて、みなさん笑顔で下山されました。ご参加の皆様ありがとうございました。

次回は2月8日〜10日北八ヶ岳スノーシューをお送りします。

ガイド・写真   榊寛昭、林正美    リポート:林 正美



スノーシューツアーリポートへ戻る


燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ