◆燕山荘スノーシューツアー・スノーシューシーズン始まりました。 ◆
H26.1.27 更新


燕山荘では、冬期(1月〜3月)の企画として、燕山荘グループスタッフガイドによるスノーシューハイキングツアーを催行しております。
いよいよスノーシューシーズンが始まりました。1月25日〜26日 栂池自然園大パノラマツアー第1回目を実施致しました。2日目は冬型の気圧配置となり、残念ながら白馬三山の大パノラマは望めませんでしたが、厳しさのなかにも美しい自然を感じることができました。

初日は低気圧の影響で春の陽気になりました。白馬山麓からの展望に「北アルプス最高ですね」

2日目はシラビソの森から出発です。一面の雪野原 静寂な世界

だんだん風が強くなってきました。吹きつける風と湿雪でガイドスタッフのまゆげも凍っていました。自然園到着です。

雪はたっぷりあります。「寒ーい、顔が痛ーい」冬山では風は大敵。今回はすぐに下山開始しました。

スノーシューのおもしろさのひとつ「ダウンヒル」に挑戦。滑って転んで大笑いでした。「わー転ぶ、でも楽しい!」

「童心に戻っちゃうね」。大人も思わず駆けだしたくなります。

こちらの写真は水ばしょうが咲いている頃の自然園です。「今は大雪原でも、お花はかならず咲いて・・・自然って素晴らしい」

「吹雪の中はちょっとつらかったけど、ふわふわ雪は気持ちよかったです」
「冷え込んでくると雪はさらさらになるんですね、こんなに風が冷たいのも初めての体験でした」
「夏山のトレーニングになりますね」
「絶景の雪山」展望とはいきませんでしたが、おおいに雪とたわむれた2日間でした。ご参加の皆様ありがとうございました。
スノーシューは特別な技術はいりません。初めての方でもすぐに雪の世界を体験していただけます。
次回は2月3~5日奥上高地ツアーの様子をお届けします。

ガイド・写真   榊寛昭、林正美    リポート:林 正美



スノーシューツアーリポートへ戻る


燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ