◆燕山荘スノーシューツアー・霧氷輝く北八ヶ岳スノーシューツアー2泊3日◆
H25.2.25 更新


第2回霧氷輝く北八ヶ岳ツアー2泊3日を、2月22日〜24日に開催いたしました。
北日本中心に数年に一度の強い寒気の到来。
朝の気温がマイナス20℃と、厳しい冷え込みのおかげで、北八ヶ岳らしい、見事な樹氷、霧氷と白銀のパノラマを楽しめました。

ピークにて。気温はマイナス17℃。

美しい景色に見とれました。

巨大なエビのしっぽにびっくり

「寒さで指がじんじんする」「ほっぺが痛い、足のつま先も痛くなった」「でも寒いからこそ、こんなにきれいなのね」
皆様思った以上に寒かったようですが、感動も大きかったです。

〈穏やかな樹林歩き〉

北八ヶ岳は針葉樹に覆われていても、少し上ってみると見下ろす白い樹林と見渡すほどの山々の展望が素晴らしいです。

「ついつい足を止めたなります」

〈静かな池も北八ヶ岳のシンボル〉
国道もスノーシューで歩けます  「標識が埋まっている!」 「青空が気持ちいいです」

日中少し暖かくなったので池までハイキング。
「ここが池なんですか」ただいまは大雪原。歩いても大丈夫です。

ホットワインで一息 「温まったぁ」
「北八ヶ岳の寒さが体感できてよかったです」「しっかりとした手袋をそろえます」
輝く霧氷は美しく、感動しました。北八ヶ岳では冬も営業している山小屋があり安心です。薪ストーブで冷えた体も暖まりました。
ご参加の皆様ありがとうございました。

次回は3月1日〜3日、第3回霧氷輝く北八ヶ岳ツアー2泊3日です。

ガイド:榊 寛昭、林 正美    写真・リポート:林 正美



スノーシューツアーリポートへ戻る


燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ