◆燕山荘スノーシューツアー・白銀に輝く栂池・白馬展望ツアー第1回◆
H24.2 .13  更新


2月11日〜12日、栂池白馬展望ツアーを開催いたしました。こちらは長野県内でも豪雪地帯の小谷(おたり)村、初夏にはミズバショウで有名な栂池自然園は、只今一面の大雪原です。スノーシューをはいて思いっきり雪と戯れてきました。




【1日目】
まずは、近くの浅間山(せんげんやま・931m)に足慣らしです。白馬岳、唐松岳など北アルプスが目の前に見えるビューポイントがあります。
「白馬岳の由来は春になると雪が解けて『代掻き馬』の雪形が出るからですよ」
「なるほど、しろかき馬がしろうまの由来なのね」

宿泊先のホテル雪倉に戻ってからは、燕山荘グループ代表赤沼より山のお話をさせていただきました。
「燕岳の春は山の桜が咲く7月上旬なんです。梅雨があければすぐに夏。お盆になるともう秋のお花リンドウやキキョウが咲いています。」「山の夏は短いのねぇ。」
皆様大変熱心に聞き入っていらっしゃいました。

【2日目・標高1900m栂池自然園を目指します】
神の田圃


雪がふわふわ
思わず皆でかけてしまいました。

自然園までもう一息

やった!到着です


旧栂池ヒュッテをバックに



自然園の中を歩いてみました。こんなに広い雪原に私たちだけでした。


〈下りも楽し〉
深雪の中、ガイドの井村がトレースをつけ→

そこを、皆さん滑りながら(転びながら?)大笑い。

「きゃー止まらない!」「雪の滑り台だね」
栂池ツアーは下りも楽しいんです。

白馬乗鞍岳が見えてきました
名物手作りホットワイン
「こんなに愉快なツアーは初めてです!」「何度来てもまた歩きたいね」
写真ではなかなかお顔が見えないのですが、みなさんずっとにっこり笑顔でした。
ご参加の皆様ありがとうございました。


宿泊はホテル雪倉。ご主人の平林さんです。
おいしい手料理と薪ストーブのアットホームな
お宿です。
今回担当ガイドの井村(燕山荘支配人)



「白銀に輝く栂池・白馬展望ツアー」、次回は3月2日〜3日です。
「栂池・白馬大パノラマツアー日帰りコース」は3月17、18、19、20日です。
燕山荘グループのベテランスタッフといっしょに冬山を楽しみましょう。
ガイド担当    赤沼健至、井村克彦、林正美  

撮影:赤沼健至、井村克彦、林正美    リポート:林 正美

スノーシューツアーリポートへ戻る

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ