◆燕山荘スノーシューツアー・奥上高地第1回◆
H24.1 .31  更新


いよいよスノーシューシーズンが始まりました。2012年燕山荘スノーシューツアー初回は、1月27日〜29日の第1回奥上高地ツアーの様子をお伝えします。
1日目は日本列島全体が強い冬型で吹雪いていましたが、2日目、3日目は思いのほか青い空が望め、目の前に広がる白い山々と静寂な上高地を楽しんできました。


【燕山荘スノーシューツアー・奥上高地】
「スノーシューで山の魅力が広がったね」
冬だけ歩くことができる梓川。雪の時期はある地点から川の水が伏流水で地面にもぐっているそうです。
2日目は徳沢から横尾にスノーシューで行ってみました。
「川の上を歩いているって不思議だね」「こんなスケールで山が見れるとは思ってなかったよ!」
「夏とは全く違う目線で見えるね」と皆で感動、感激です。
明神岳、前穂高岳北尾根、遠くに大天井岳、常念岳と歩いた分だけ迫力ある山々に近づいて圧倒されました。

素晴らしい景色に見とれてしまいしました。

横尾大橋にて

雪は童心に戻れます

明神岳を背に

戻る時もついつい振り返りたくなりました。

上高地のシンボル、りっぱなケショウヤナギ。 近づくと枝先が赤くなっていました。

〈宿泊先の徳沢園冬期小屋〉
徳沢に1泊じゃもったいない!とのお声で、このツアーは2泊3日の日程です。夏の賑わいがうそのようです。自然の音しか聞こえません。
「こんなに静かだとは思わなかった、気持ちいいね」

〈楽しみなお食事は〉
スノーシューは健康的です。スノーシューで歩き回るとお腹はぺこぺこ。まかせてください。このツアーはガイドがおもてなしいたします。大好評、ガイド榊のふるさと料理「芋煮」に「美味いねぇ、あったまる!」
登山体験や装備のこと、山小屋のこぼれ話など話はつきません。

担当ガイドの榊寛昭と林正美です。私たちと一緒に歩きましょう。
「山の魅力が広がる」スノーシューツアーに、ご参加の皆様ありがとうございました。
このあと、上高地ツアーは、2月12日(日)〜14日(火)、2月24日(金)〜26日(日)、3月9日(金)〜11日(日)の日程で行います。
次回は2月3日〜5日の北八ヶ岳ツアーをお伝えします。

ガイド:撮影  榊 寛昭、林 正美    リポート:林 正美

スノーシューツアーリポートへ戻る

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ