◆燕山荘スノーシューツアー・第1回八ヶ岳スノーシューツアー◆
H23.2.2  更新


真っ青な空と真っ白の樹氷・霧氷のコントラストが印象的な冬の八ヶ岳。
今年も麦草ヒュッテをベースに、北八ヶ岳の魅力を探訪するシーズンの到来です。
1月30日〜2月1日のツアーは、麦草峠〜雨池〜八柱山周辺をメインに、
思いっきり“寒い!”を体感した3日間でした。



<モノトーンの世界>
「まるで水墨画の世界ね」「“シーン”という静けさはこのことを指すね」
いろんな色や音で彩られた街中とは違い、ここは大自然のど真ん中。全てが新鮮です。

「体重、重いけど大丈夫かな?」
割れる心配はありません。数十センチにもなる厚い氷で全面結氷した雨池。ここも白・黒の世界でした。

<これぞ!紺碧の空>
オトギリ平から茶臼山 

全てが輝いています!

遠く高見石・丸山方面 北横岳を仰ぎ見る
ピリッとした寒さだからこそ、この紺碧の空が、全ての物の美しさを引き立ててくれます。

<空気が澄んで、遠くまで…>
南アルプス方面

中央アルプス方面

南八ヶ岳方面 遠く常念岳
「この景色を茶臼山から見たかった…」
国道299号の途中にある日向木場展望台から望む景色です。寒い冬だからこそ空気が澄んで、遠くの山まで見渡せます。

<寒さ厳しいだけに小屋の暖かさにホッとします>

麦草ヒュッテと茶臼山

薪ストーブを囲んで

談笑は絶えず…食堂にて

ここでもガイド榊お手製の芋煮が登場!

「体の芯まで温まってうまい!」

麦草ヒュッテスタッフによる紙芝居 この手作り感が最高でした!
この冬もお世話になる麦草ヒュッテ。薪ストーブや、出迎えてくれるスタッフの心遣い等々、“温かさ”にじみ出る、アットホームな山小屋です。

八柱山山頂にて 麦草ヒュッテ前
今回はあいにくの寒波到来で、想像以上の寒さ…心行くまで景色を堪能とはいきませんでしたが、ご参加いただきましてありがとうございました。

〈今回担当ガイド〉
燕山荘  赤沼健至 燕山荘 榊 寛昭

ガイド・撮影:赤沼健至  榊 寛昭    リポート:榊 寛昭

スノーシューハイキングへ戻る

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ