■八ヶ岳ツアーの下見に行ってきました ■

燕山荘スノーシューハイキングリポート 2010/1/27更新

昨年の内容を一新し、今年は麦草ヒュッテをベースにした、新しい北八ヶ岳ツアーを企画しました。
その下見に1月24日〜26日の2泊3日で行ってきました。
中日はお天気が少し崩れましたが、それは見事な霧氷に景色に見入りっぱなしの3日間でした。


【出発地は、国道299号“メルヘン街道”の冬期ゲートから】
このツアーの出発地は、国道299号“メルヘン街道”の冬期ゲートからとなります。しばらく幾多のカーブの続く国道沿いに歩を進めますが、時折茶臼山や蓼科山が見え隠れし、条件がよければ霧氷のついた樹林帯の中を気持ちよく歩くことができます。

【道中にある展望台から】
道中にある展望台から望む、北アルプスや木曽駒、御岳の峰々。晴れていればついつい長居してしまいそうです。

【おとぎり平周辺の景色】
ゲートから歩いて約3時間ほどで麦草峠に着きますが、周辺の“おとぎり平”まで足を伸ばすと、茶臼山の景色が見事です。周辺のダケカンバのシルエットに感動です。

【縞枯山頂上付近】
下見の2日目は、茶臼山・縞枯山まで。天候が悪化してきたため、長居はできませんでしたが、南八ヶ岳方面の展望は最高です。縞枯山頂上付近の雪の造形は、まるで“歯ブラシ”そのもの。

【白駒池・ダイヤモンドダスト】

最終日は、ヒュッテでの朝食を済ませて近場の白駒池に散策に出かけました。前日から続いた冬型の気圧配置の名残で、いくらか降雪も残り、冷え込みも強いものでしたが、そのおかげで見事な霧氷や“ダイヤモンドダスト”を見ることができました。

【お世話になる麦草ヒュッテと前に広がる雪原】
今回の北八ヶ岳ツアーでお世話になる麦草ヒュッテ。ヒュッテの前に広がる雪原は広大、薪ストーブもあり、アットホームな雰囲気の、温かい小屋です。
八ヶ岳ツアーの日程は2月14日〜16日の2泊3日。ただ今予約受付中です。


  写真  レポート    榊 寛昭    モデル   林正美



燕山荘通信へ戻る

アルペンリポートへ戻る