■安曇野山岳ガイド研修会と最後のスノーシューツアー ■

アルペンホルンリポート 2009/3/31更新

3月28日、アルペンホルン今シーズン最後のスノーシューツアーで
栂池自然園の展望湿原へいってきました。
里では福寿草やふきのとうの時節なのに、山上は深雪のなか真っ白な雷鳥が出迎えてくれました。

【栂池自然園スノーシューツアー】

前夜の降雪で自然園内は、なんと腰までのラッセルになりました。




雪原を何か動く物が・・・

純白の雷鳥でした。

【安曇野山岳ガイドクラブの技術講習会】
3月25日、燕山荘のスタッフ及びOBが主メンバーになっている
「安曇野山岳ガイドクラブ」の技術講習会が行われました。
燕山荘スノーシューハイキング、春山・冬山登山教室ガイドの
スキルアップの為に、毎年この時期には雪上訓練を行っています。

迫真(?)の訓練

山スキー、スノーシュー、あるいは道具無し。各員様々な設定の装備で急斜面を登ってゆきます。

一人が滑落した想定でのレスキュー訓練です。救助者が一人しかいない場合、複数名で助けられる場合、道具があるか、無いかなど様々な場面を設定して、訓練しました。

2008年度 アルペンホルンの営業は3月31日で終了いたします。
多くの皆様にご利用いただきまして誠にありがとうございました。

また、本日をもちまして、アルペンホルンへのメールでのお問い合わせは終了いたします。
本日以降のお問い合わせにつきましては、燕山荘松本事務所(月曜日〜金曜日9:00〜17:00)
あるいは、燕山荘のメールアドレス宛てにお願いいたします。


写真・ガイド・リポート     榊寛昭   小山秀樹  

戻る