■春めいてきました ■

アルペンホルンリポート 2009/3/9 更新

すっかり春めいてきたこの頃。先週末は、栂池自然園と落倉高原をスノーシュー。
雪を落とした木々の枝ぶりからも徐々に寒気が遠ざかっていくのが実感できます。
アルペンホルン周辺の冬芽もだいぶ成長してきました。




【3月7日 栂池自然園】
出発前に打ち合わせ スキー場横にルートを取って歩き出し
この日は総勢20名を超える大パーティとなりました。メインガイドは燕山荘グループの海外トレッキングを催行している「天渓」代表の赤沼敏治。大人数が広く歩けるように、今回はスキー場横にルートを取って歩き出しました。意外に傾斜がきつい!?

往路はちょうど稜線の高さに雪雲が・・・。
白馬岳も隠れがち。
自然園手前の成城ヒュッテ付近までくるとまだまだ深雪です。


栂池ヒュッテ前で集合!

白馬岳は雲の中、
待っていたら・・・
頭を覗かせてくれて・・・ あっという間に快晴の大展望になりました。

広大な自然園に向かって駆け下り! 駆け下りた跡が、何かの模様みたい。

【アルペン周囲の木々の冬芽
特徴あるオニグルミ

とげとげのタラ
ご存知どんぐりの木、ミズナラ トチノキの冬芽はべたべたした樹液に覆われています

写真・・ガイド・リポート   榊寛昭   井村 克彦  赤沼敏治  小山秀樹

戻る