■北八ヶ岳と入笠山スノーシューハイキング ■

アルペンホルンリポート 2009/2/17 更新

今年度の新企画「北八ヶ岳と入笠山スノーシューハイキング」第2回、第3回を
2月8〜9日、15〜16日に実施いたしました。
初日は黒百合ヒュッテまでのハイク、
二日目は富士見パノラマスキー場上部にある入笠山周辺のハイクです。


入笠山山頂より


入笠山山頂より

初日の滞在先になる黒百合ヒュッテからほどなく、中山峠を越え、天狗岳・硫黄岳を望めるほか、秩父連山、小海・佐久穂町、南牧村を遠望できるビューポイントがあります。

「都会の街中で雪降ってもこんな霧氷は見れないからこそ、山は最高なのよ。」
冬、晴天率のよい八ヶ岳ですが、2月16日の朝は強い寒波の到来で、あたりは小雪交じりの濃いガス。
樹木についた霧氷が大変きれいでした。

八ヶ岳連峰 甲斐駒ケ岳と鳳凰三山
入笠山の入口「富士見パノラマスキー場」までの移動の際、車窓からは八ヶ岳・南アルプスを雄大に見渡すことができます。

2月9日の入笠湿原 2月16日の入笠湿原
2月に入り、標高の高い所でも雨がふるほどの暖かさに、雪解けが進んでしまい、ご覧の通り・・・。

入笠山へ続く林道脇から八ヶ岳・富士山のビューポイント。風も当たりにくく、一息つくのにもってこいの場所です。

「あれが乗鞍岳でしょ?」「仙丈ケ岳に甲斐駒ケ岳・・・」入笠山360度の大パノラマ。

伊那谷越えて中央アルプス方面

八ヶ岳

入笠山からの眺望は見事です。
今シーズンの「北八ヶ岳と入笠山スノーシューハイキング」は今回で終わりですが、来年に向け更に内容・コース共に充実したものにしていきたいと、今から奮闘中です。

写真・リポート・ガイド    榊寛昭  

戻る