■鎌池と神の田圃 ■

アルペンホルンリポート 2009/2/17 更新

全国的に強風と暖かな陽気になった2月14日。栂池でもこの時期には異例の雨が降りました。
天候回復した午前、目的地を変更して雪質のよさそうな「鎌池」へスノーシューに行きました。

【2月14日 鎌池】

雨飾山をバックに氷結した鎌池の上で休憩中

ブナの自然林が素晴しいエリアですが、さまざまな樹木が豊かな森です。


木の根元に見事な「ツリーホール」ができていました。春みたい!?

巨大な巻貝のような形の「雪まくり」。
斜面を転がった雪の塊が大きくなっていったもの。

「ヤドリギ」の実と種です。風雨のせいでしょうか?この日はたくさん落ちていました。

鎌池までたどり着くと、別天地の趣です。

ホットワインをどうぞ。
本日のガイド、燕山荘支配人の井村克彦です。
 乾杯!
※アルペンホルンの一日ハイクには、アルペンホルン特製の美味しいランチボックスとスタッフが現地で作る特製ホットワインがつきます。身体を暖めながら、スノーシューをお楽しみください。


集合写真<鎌池>

【2月15日  神の田圃】
翌日は、うって変わって快晴でした。白馬岳を見に行こうと栂池自然園方向へ、「神の田圃」まで歩きました。図らずも2日間で上信越国立公園と中部山岳国立公園を満喫のツアーとなりました。

集合写真 <神の田圃>

写真・リポート・ガイド    井村克彦   榊寛昭  小山秀樹

戻る