イベント

燕山荘

燕岳ビギナー春山登山教室(1泊2日)

ピッケルの使い方、アイゼンを使った歩き方、滑落停止訓練など、雪山での基本的な技術をお伝えします。経験豊富な燕山荘スタッフが、登山口から雪のある燕岳頂上までご案内するツアーです。

開催日

第1回 2017年4月29日(土)~30日(日)
第2回 2017年5月1日(月)~2日(火)
第3回 2017年5月3日(水)~4日(木)
第4回 2017年5月13日(土)~14日(日)
第5回 2017年5日20日(土)~21日(日)
第6回 2017年5月27日(土)~28日(日)

日程

■1日目
【集合時間】 午前7時40分
【集合場所】 有明荘(0263-84-6511)玄関前集合(燕岳登山口下方700m)
燕山荘スタッフガイドのもと、合戦尾根を登ります。雪の上はアイゼン歩行の練習。
途中お昼をはさみながら、初歩的なザイル、ピッケル・アイゼンワーク、滑落停止講習。

午後3時頃 燕山荘到着
到着後燕岳登頂(天候により予定を変更する場合があります。) 燕山荘泊

■2日目
燕山荘で朝食後、下山開始予定
【解散時間】 昼12時30分頃 有明荘で解散予定

※天候等によりスケジュールに変更がある場合があります。予めご了承ください。

参加費用

【1泊2日コース】 大人1名様25,500円 
上記の料金には、燕山荘宿泊料(1泊2食) 、ガイド料が含まれています。

持ち物・服装

5月中旬以降のツアーはアウターシェル上下と雨合羽の両方をお持ちください(どちらにするかは当日のガイド判断となります。使用しないものは有明荘に置いていきます。)、ダウンジャケット上、中間着、冬用登山靴、アイゼン(前爪付きの10本爪以上)、ピッケル、ロングスパッツ、手袋(オーバーグローブ、インナーグローブ、薄手の手袋、予備を含めて各2枚ずつ)、帽子2種類(毛糸の帽子と目出帽)、サングラス、日焼け止め、リップクリーム、着替え、タオル、テルモスなどのお湯を入れる携帯用ポット、行動食(初日の昼食分も含む)、ウエットティッシュ等。この時期、水は殆ど使えないと考えてください。

※登山靴とアイゼンの相性はとても大切です。
これからアイゼンをお求めになられる方、また、アイゼンをお持ちでも登山靴と併せていない方は、スポーツ店に登山靴をお持ちいただき、その場でアイゼンとあわせ、事前に確認をしておいてください。
※春山(4、5、6月)は、Tシャツで登れるほど暖かい日もありますが、寒気が入ると猛烈に気温が低下し、吹雪になることもあります。装備は寒気の時に併せて、冬山用をご用意ください。ピッケル、アイゼンは必携です。
※あると便利な物(カメラの予備バッテリー、女性の方はふくだけのメイク落としなど)

定員

第1回~第3回  35名
第4回~第6回  20名

その他

※ガイド判断により、行動中、お客様の体調不良が顕著な場合は、下山していただく場合がありますので、予めご了承願います。
※天候により、ガイド判断で日程の内容を変更させていただく場合があります。
※このツアーにご参加いただくには、夏の燕岳に余裕をもって登ることができる体力が必要です。(または、2500m以上に登ったことのない方は、このツアーはご遠慮ください。)
※参加対象年齢は、18歳から70歳までです。
※お車でお越しの方の駐車場につきましては、有明荘のフロントまたは担当ガイドに必ずお問い合わせのうえ駐車をお願いいたします。
※安全のため、ピッケルをザックにつけている場合は山荘に入る前にザックから外しカバーを付けて手でお持ちください。アイゼンは歯と歯を併せて縛り、必ず専用の袋に入れてください。ストックは先端に必ずカバーを付けてください。

燕岳ビギナー春山登山教室(2泊3日)

燕山荘がオープンする4月、燕岳は一年の中でも雪の多い時期、「雪山」になります。三日間の日程の中で、ピッケルの使い方、アイゼンを使った歩き方、滑落停止訓練等、雪山での基本的な技術をお伝えします。経験豊富な燕山荘スタッフが、登山口から雪のある燕岳頂上までご案内するツアーです。
※積雪のあるこの時期の登山では、夏の燕岳に余裕をもって登ることができる体力が必要です。

開催日

2017年5月5日(金)~5月7日(日)
終了しました。

日程

■1日目
【集合時間】 午前7時40分
【集合場所】 有明荘(0263-84-6511)玄関前集合(燕岳登山口下方700m)
燕山荘スタッフガイドのもと、合戦尾根を登ります。雪の上はアイゼン歩行の練習。
途中お昼をはさみながら、初歩的なザイル、ピッケル・アイゼンワーク、滑落停止講習。
午後3時頃 燕山荘到着
到着後燕岳登頂                              燕山荘泊

※天候により予定を変更する場合があります。

■2日目
1.ザイルを使っての滑落停止講習
2.冬の燕岳に登るための講習
   天気図の読み方
   装備について 他
                                      燕山荘泊
※講習内容は、天候、ガイド判断により変更する場合があります。
                                         

■3日目
燕山荘で朝食後、下山開始予定
【解散時間】 昼12時30分頃 有明荘で解散予定
※天候等により到着時間に変更がある場合があります。予めご了承ください。

参加費用

【2泊3日コース】 大人1名様 43,500円
上記の料金には、燕山荘宿泊料(2泊4食) 、ガイド料が含まれています。

持ち物・服装

アウターシェル上下(雨合羽不可)、ダウンジャケット上(下)、中間着、冬用登山靴、アイゼン(12本爪・12本爪でも長さの短いものは春山には適さないので、長いものをお求めください)、 ピッケル、ロングスパッツ、手袋(オーバーグローブ、インナーグローブ、薄手の手袋。予備を含めて各2枚ずつ)、帽子2種類(毛糸の帽子と目出帽)、サングラス、日焼け止め、リップクリーム、着替え、タオル、テルモスなどのお湯を入れる携帯用ポット、行動食(初日の昼食分を含む)、ウエットティッシュ等。この時期、水は殆ど使えないと考えてください。

※登山靴とアイゼンの相性はとても大切です。
これからアイゼンをお求めになられる方、また、アイゼンをお持ちでも登山靴と併せていない方は、スポーツ店に登山靴をお持ちいただき、その場でアイゼンとあわせ、事前に確認をしておいてください。
※春山(4、5、6月)は、Tシャツで登れるほど暖かい日もありますが、寒気が入ると猛烈に気温が低下し、吹雪になることもあります。装備は寒気の時に併せて、冬山用をご用意ください。ピッケル、アイゼンは必携です。
※あると便利なもの(カメラの予備バッテリー、女性の方はふくだけのメイク落としなど。)

定員

35名

その他

※ガイド判断により、行動中、お客様の体調不良が顕著な場合は、下山していただく場合がありますので、予めご了承願います。
※天候により、ガイド判断で日程の内容を変更させていただく場合があります。
※このツアーにご参加いただくには、夏の燕岳に余裕をもって登ることができる体力が必要です。(または、2500m以上に登ったことのない方は、このツアーはご遠慮ください。)
※参加対象年齢は、18歳から70歳までです。

【創立95周年 燕山荘グループスタッフ写真展】

山の日制定を記念して赤沼健至と燕山荘グループ・スタッフによる写真展を地元松本市美術館で開催します。燕山荘ホームページやブログ等の写真を、大きなサイズの写真でご紹介し山の魅力をお伝えいたします。

開催日

2016年5月24日(火)~29日(日)
10:00~18:00(初日は13:00~、最終日16:00終了)
会場:長野県松本市 松本市美術館市民ギャラリーB
   〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22
   TEL: 0263-39-7400
    

予約の有無

「終了しました」

参加費用

入場無料

その他

【5月28日(土)、29日(日)の松本市美術館駐車場ご利用について】
5月28日、29日に、「クラフトフェアまつもと2016」があがたの森公園で開催されることに伴い、松本市美術館の駐車場がシャトル便、臨時バス発着所になります。そのため、この2日間は美術館の駐車場をご利用いただくことができません。
ご不便をおかけいたしますが、28日、29日につきましては、公共交通機関をご利用いただくか、松本市内の有料駐車場をご利用いただきますよう宜しくお願いいたします。

《松本市美術館行きバスのご案内》
※松本市内バス路線一覧はこちらから

※松本市内一日乗り放題タウンスニーカーはこちらから
タウンスニーカー(大人500円、小児250円)ご利用の場合、沿線観光施設の入場料(松本市美術館、松本城、旧開智学校など)割引の特典があります。

《松本市内有料駐車場のご案内》
※松本市内有料駐車場のご案内はこちらから

5月24日~27日は通常通り、美術館駐車場をご利用いただけます。

ライチョウ観察会

6月、7月、山は、新緑に野鳥が賑やかな季節です。繁殖期特有の、ライチョウの縄張り争いがみられるなど、燕岳は野鳥の宝庫です。そしてこの時期は、比較的梅雨の影響も少なく、ゆったりと登山に親しめます。燕岳のライチョウと専門の講師(日本野鳥の会会員)植松晃岳氏のお話を楽しみながら、燕岳登頂を目指しましょう。山荘スタッフが同行いたします。

開催日

第1回 2017年6月17日~18日
第2回 2017年6月24日~25日

日程

■1日目
集合7:45 燕岳登山口下方700m 有明荘 玄関前集合
有明荘(電話0263-84-6511)
燕山荘スタッフガイド、日本野鳥の会会員講師の方と自然観察しながら合戦尾根を登ります。
合戦小屋にて昼食。午後3時頃 燕山荘到着予定
到着後、燕岳登頂(天候や到着時間により翌朝に見合わせる場合もあります)   
燕山荘泊


■2日目
燕山荘で朝食後、午前8時頃 下山開始
解散12:30 中房 燕岳登山口(予定)

参加費用

大人1名様  20,300円
(料金に含まれるもの:燕山荘宿泊代(1泊2食)、講師料(日本野鳥の会会員)、ガイド料)
※1日目の昼食は各自ご持参ください。

持ち物・服装

1日目の昼食、カメラ、雨合羽上下、ダウンジャケット上、中間着、登山靴(底の硬いもの)、ロングスパッツ、手袋、帽子、サングラス、日焼け止め、リップクリーム、着替え、タオル、水筒、行動食、ウエットティッシュ、女性の方はふくだけのメイク落としなど。
※虫が多くなっていますので、防虫ネット・防虫スプレーなどもあると便利です。
※積雪状況によっては、軽アイゼンが必要となります。

定員

各15名

その他

※ガイド判断により、行動中、お客様の体調不良が顕著な場合は、下山していただく場合がありますので、予めご了承願います。
※天候により、ガイド判断で日程の内容を変更させていただく場合があります。
※お申込みは中学生以上、70歳までの方です。
※お車でお越しの方の駐車場につきましては、有明荘のフロントまたは担当ガイドに必ずお問い合わせのうえ駐車をお願いいたします。

キッズプレゼント

小学生以下のお子様に登頂証明書と記念品をプレゼント!

予約の有無

ご予約は不要です

親子ふれあいファミリー登山スクール受付中

小学生のお子様が、ご家族で一緒に自然に親しみ、山を楽しみ、想い出を一杯作っていただきたいと企画し、16年目を迎える燕山荘オリジナルイベントです。アウトドアでランチ作り、燕岳登頂など、燕山荘スタッフがご家族皆様を楽しく、安全にサポートいたします。

開催日

①2017年8月14日(月)~15日(火)
②2017年8月16日(水)~17日(木)
③2017年8月21日(月)~22日(火)

日程

■1日目
午前7時40分 有明荘 玄関前集合(お車の駐車については有明荘フロントにお問合せください)
燕山荘スタッフのガイドと合戦尾根を登ります。合戦小屋にてご家族ごとにランチを作ります。
午後3時頃 燕山荘到着予定 
燕岳登頂(天候等により、ガイド判断で日程に変更のある場合があります。)
燕山荘泊

■2日目
朝食後下山開始
14時頃 中房燕岳登山口到着予定 有明荘にて解散


※1日目の昼食は合戦小屋で家族皆で作ります(食材は燕山荘で準備致します。)。アウトドアに役立つガスストーブの使い方を覚えていただいたり、アウトドア用レシピで楽しく美味しいランチを作りましょう。
※山の生い立ちや地質などの自然観察、自然保護の話、疲れない山の歩き方など盛り沢山の内容です。

参加費用

大人1名様  19,300円
子供1名様(6歳以上小学生以下)  12,300円
〈料金に含まれるもの〉 燕山荘宿泊料(1泊2食) 1日目の昼食  ガイド料 (消費税含)
※要予約 

持ち物・服装

行動食(登り、下りの途中でお腹が空いた時、簡単に食べられるようなおにぎり、パン、お菓子等。登山口周辺にお店はありませんので、事前にご準備ください)、二日目の昼食(解散場所の有明荘到着予定時間が2時頃になるため、途中で簡単に食べられるものをご用意ください。燕山荘でお弁当(一つ1,100円)のご注文も承ります。また、暑い時期ですので、持参される場合は、傷みにくいもの(おにぎりなら梅干し入りなど)をお持ちください。登山できる服、靴(特にお子様の場合、大きすぎたりしないように足にあった靴をご用意ください)、ザック、フリース・セーターなどの防寒着、雨具(お子様もしっかりしたものをご用意ください)、手袋、飲み物、ウエットティッシュ等

定員

毎回、親子13組様(一組のご家族様の人数により、組数の増減はあります)
※参加対象は6歳以上~小学生以下のお子様と保護者の方
(団体行動となりますので、お子様の参加対象年齢は上記に限定させていただきます。)

その他

※ ガイドの判断により、行動中にお客様の体調が顕著に不良の場合は、下山していただくことがあります。
※ 天候の悪化、交通事情の都合により、日程の変更もしくは中止になる場合がございます。
予めご了承願います。
※お車でお越しの方の駐車場につきましては、有明荘のフロントまたは担当ガイドに必ずお問い合わせのうえ駐車をお願いいたします。

取消料・キャンセルの連絡について

お客様のご都合によるキャンセルにつきましては、下記のキャンセル料を頂きます。

前日 参加費の20%
当日 参加費の50%
開始後及び無連絡不参加 参加費の100%

キャンセルは、WEB「会員ログイン」ボタンから、または燕山荘事務所へお願い致します。
※当日やむをえないキャンセルの場合は、冬期登頂ツアーは燕山荘(090-1420-0008)へ、スノーシューツアーは緊急連絡先(ご予約いただいた方へは事前にご連絡しています。)へ、それぞれ電話でご連絡をお願い致します。

ご予約・お問い合わせ

ご予約は、下記「イベント申込」からWEB予約を、または松本事務所へお電話でお願い致します。

燕山荘松本事務所

TEL 0263-32-1535 
月~金曜日 9:00~17:00

燕岳クラシックコンサート

松本市に本部のある国際スズキ・メソード音楽院のみなさんによるバイオリンコンサートを開催。今年33回目を迎える、毎年恒例の夏のビックイベントです。 夕食後、食堂がコンサートホールになり、ご宿泊のお客様皆様にお聞きいただけます。心が癒される、楽しく、素敵な演奏会です。

開催日

2017年8月26日(土)

槍ヶ岳登頂 表銀座縦走ツアー受付中

素晴らしい紅葉を眺めながら、北燕岳~燕岳~大天井岳~槍ヶ岳へ。お泊りは燕山荘、大天荘、ヒュッテ大槍と燕山荘グループの山荘でゆったりとお過ごしいただきます。美しい稜線を燕山荘GRスタッフがご案内致します。雄大な天空の遊歩道を行く燕山荘オリジナル企画ツアーです。
このツアーは、健脚の方向けのツアーです。

開催日

2017年9月24日(日)~27日(水)
9月24日(日) 燕山荘泊 
9月25日(月) 大天荘泊
9月26日(火) ヒュッテ大槍泊
※ご予約は7月3日(月)から承ります。

日程

■1日目  9月24日(日)   
燕山荘集合  燕山荘泊

■2日目  9月25日(月)   
朝食後 午前8時  燕山荘出発 
大天荘で昼食後、東天井岳往復
午後4時頃 大天荘へ戻る   大天荘宿泊

■3日目  9月26日(火)
朝食後 午前5時30分 大天荘出発
東鎌尾根を登り、ヒュッテ大槍へ
途中で昼食
午後1時頃 ヒュッテ大槍到着    
ヒュッテに荷物を置き、槍ヶ岳登頂(予定)
            ヒュッテ大槍宿泊

■4日目  9月27日(水)
午前9時頃 ヒュッテ大槍にて解散

※このツアーの集合場所は燕山荘です。燕山荘までは各自でお越し下さい。
※槍ヶ岳登頂のスケジュールは、天候と皆様の体調により、
26日登頂か27日登頂かガイド判断にさせていただきます。
※天候等により、日程の変更をする場合があります。予めご了承ください。

参加費用

41,000円 
料金に含まれるもの:燕山荘、大天荘、ヒュッテ大槍宿泊代(各1泊2食付き)、ガイド料

持ち物・服装

秋山登山装備一式、ヘルメット、フリースや軽羽毛などの防寒着、雨具、毛糸の帽子、手袋、水筒、行動食など。行程中の昼食は各自ご用意ください。各山荘でお弁当の注文も承ります。

定員

25名

その他

※ご参加は60代までの健脚な方
※燕山荘ベテランスタッフがガイド、表銀座コースを歩きます。
※燕山荘スタッフは(社)日本山岳ガイド協会認定ガイドです(安曇野山岳ガイドクラブ)。
※ガイド判断により、行動中などお客様の体調不良が顕著な場合は途中宿泊か下山していただくことがあります。
※天候、交通事情の都合により、日程の変更もしくは中止になる場合がございますのであらかじめご了承ください。

取消料・キャンセルの連絡について

お客様のご都合によるキャンセルにつきましては、下記のキャンセル料を頂きます。

前日 参加費の20%
当日 参加費の50%
開始後及び無連絡不参加 参加費の100%

キャンセルは、WEB「会員ログイン」ボタンから、または燕山荘事務所へお願い致します。
※当日やむをえないキャンセルの場合は、冬期登頂ツアーは燕山荘(090-1420-0008)へ、スノーシューツアーは緊急連絡先(ご予約いただいた方へは事前にご連絡しています。)へ、それぞれ電話でご連絡をお願い致します。

ご予約・お問い合わせ

ご予約は、下記「イベント申込」からWEB予約を、または松本事務所へお電話でお願い致します。

燕山荘松本事務所

TEL 0263-32-1535 
月~金曜日 9:00~17:00

秋の紅葉とケーキフェア

燕山荘喫茶室「サンルーム」で、ケーキフェアを開催いたします。

開催日

2017年9月27日(水)~10月3日(火) 
(10:00~16:00 )   

参加費用

〈料  金〉 
950円(ワンドリンク+ケーキ1個)でスタート
追加は1個200円でケーキをお代わりできます。

※お飲み物は、コーヒー、紅茶、ミルクのいずれかからお選びください。

その他

〈ケーキフェアについてのお願い 〉
・制限時間は60分とさせていただきます。(一度退出されましたら終了とさせていただきます。)
・ケーキはおひとつずつお召し上がり下さい。
・複数でご参加の場合はお一人ずつご清算をお願い致します。


新そば祭り

新そば祭り。燕山荘スタッフが腕をふるって、新蕎麦をうちます。

開催日

2017年10月29日(日)

予約の有無

[予約不要]

あったか鍋サービス月間

寒さが厳しくなってくる11月。鍋を囲んで心も体も温まりましょう。

開催日

2017年11月6日(月)~17日(金)
※土曜日は除きます。

予約の有無

[予約不要]

冬季燕岳登頂ツアー

白銀の北アルプスと出会える感動の別天地。大気が澄み渡り、紺碧の空がまぶしい冬の燕岳を燕山荘スタッフが1泊2日、2泊3日の日程でガイド致します。
※参加される方は、夏の燕山荘から槍ヶ岳まで縦走出来る体力が必要です。

開催日

第1回 2017年12月24日(日)~25日(月)(1泊2日)
第2回 2017年12月28日(木)~29日(金)(1泊2日)
第3回 2017年12月31日(日)~2018年1月2日(火)(2泊3日)
第4回 2018年1月3日(水)~5日(金)(2泊3日)
第5回 2018年1月7日(日)~8日(月・祝)(1泊2日)

予約の有無

[要予約]

日程

〈1泊2日の日程〉予定
1日目   集合 午前6時50分 【中房温泉】さん玄関前  
     燕山荘スタッフガイドのもとゆっくり合戦尾根を燕山荘へ。
     午後3時頃 燕山荘到着 
     燕岳登頂                     燕山荘泊

2日目   下山  12時頃中房にて解散予定

※ガイド判断で、天候の状況により燕岳登頂日程等の内容を変更させていただく場合があります。


〈2泊3日の日程〉予定
1日目   集合 午前6時50分 【中房温泉】さん玄関前  
     燕山荘スタッフガイドのもとゆっくり合戦尾根を燕山荘へ。
     午後3時頃 燕山荘到着                       燕山荘泊

2日目   燕岳登頂                             燕山荘泊

3日目   下山  12時頃中房にて解散予定

※ガイド判断で、天候の状況により燕岳登頂日程等の内容を変更させていただく場合があります。

参加費用

〈2泊3日コース料金〉
大人一名様  49,600円
(料金に含まれるもの 燕山荘宿泊料(2泊夕食2回、朝食2回)、3日間ガイド料)

持ち物・服装

アウターシェル上下(雨合羽不可)、ダウンジャケット上下、中間着、冬用登山靴、アイゼン(12本爪・12本爪でも長さの短いものは冬山には適さないので、長いものをお求めください)、 ピッケル、わかん、ロングスパッツ、手袋(オーバーグローブ、インナーグローブ、薄手の手袋。予備を含めて各2枚ずつ)、帽子2種類(毛糸の帽子と目出帽)、ネックウォーマー、サングラス、日焼け止め、着替え、タオル、テルモスなどのお湯を入れる携帯用ポット、1日目、2日目の昼食(2日目は燕山荘で昼食営業もご利用いただけます)、行動食、カメラの予備バッテリー、女性の方はふくだけのメイク落としなど。冬季は水は殆ど使えないと考えてください。
--------------------------------------------------------------------------------

※登山靴とアイゼンの相性はとても大切です。これからアイゼンをお求めになられる方は、スポーツ店に登山靴をお持ちいただき、その場でアイゼンとあわせ、事前に脱げることなく歩ける練習をお薦めします。
※上記装備に不備がある場合(冬山の場合非常に危険を伴いますので)、集合場所までお越しいただいてもガイド判断によりお帰りいただく場合がありますので予めご了承下さい。装備に関してのお問い合わせは、燕山荘松本事務所、燕山荘まで。

定員

第1回、第2回、第4回、第5回 各20名   第3回 35名

その他

1.燕岳登山口までの山岳道路(中房線)約13キロ区間は、冬の間バス・タクシー含め全ての車両が通行できません。「宮城ゲート」より中房温泉まで約5時間前後徒歩によるアプローチが必要になります。
2.夏のコースタイムより雪上を歩く場合は、1.5倍の時間がかかります。
3.中房温泉さん(0263-77-1488)のご予約は各自でお願い致します。
4.ガイド判断により、行動中、お客様の体調不良が顕著な場合などは、下山していただく場合がありますので、予めご了承願います。
5.天候により、ガイド判断で日程の内容を変更させていただく場合があります。
6.70才以上の方は医師の診断書を必要とすることがあります。
7.冬山初心者の方には、装備や体験が未熟な方が見受けられますので、最初に「スノーシューツアー」もしくは「春山登山教室」を体験頂き冬山の情報を得てからご予約をお願い致します。冬山は非常に厳しい天候になることがありますので、段階を踏み、経験をされた上でこのツアーへお申し込みください。
8.燕山荘年末年始冬季営業のページもご覧ください。

上高地・乗鞍スノーシューネイチャーツアー

【上高地・乗鞍スノーシューネイチャーツアー】
冬の上高地は夏の賑わいから一転した静寂が魅力です。そして大正池・河童橋から見る真っ白な穂高連峰の美しい絶景。乗鞍の明るく広々とした雪原と温泉。冬でしか体験できないネイチャーウォッチも、きっと新しい発見がたくさんあります。今年3年目になる企画です。

開催日

第1回 2017年2月10日(金)~12日(日)
第2回 2017年3月3日(金)~5日(日)
【2泊3日】

予約の有無

要予約

日程

集合 第1日目: 8:30  ペンションしるふれい
〒390-1514長野県松本市安曇沢渡(さわんど)温泉4156-3
TEL:0263-93-2265
解散 第3日目: 15:00  乗鞍観光センター

【宿泊】1日目 ペンションパル 電話0263-93-2664 (〒390-1506長野県松本市安曇4005-5)
2日目 位ヶ原山荘 電話090-9001-7362 (〒390-1513長野県松本市安曇4306-7)

1日目 【上高地ネイチャーハイク】
集合 8:30 ペンションしるふれい(朝食を済ませてお集まりください)
上高地周辺をスノーシューハイク
※昼食は各自ご用意ください。
《宿泊》乗鞍高原ペンションパル

2日目 【乗鞍高原ネイチャーハイク】
Mt.乗鞍スノーリゾート~位ヶ原山荘周辺ハイク
※昼食は各自ご用意ください。
《宿泊》位ヶ原山荘

3日目 【乗鞍高原ネイチャーハイク】
乗鞍高原内ネイチャーハイク
解散 15:00予定 乗鞍観光センター
※昼食は各自ご用意ください。

※相部屋になります。宿泊先への予約はこちらでいたします。

参加費用

大人一名様  43,000円
料金に含まれるもの:3日間のガイド料、ペンションパル、位ヶ原山荘宿泊代(2泊2夕食2朝食込み))、スノーシュー・ストックは燕山荘で用意します。
料金に含まれないもの:2日目、3日目の昼食、行動食、リフト代

持ち物・服装

登山靴(防水、防寒効果のあるもの快適)、ザック(30L前後のもの)、手袋(インナー・アウター両方)、靴下(厚手の物)、アウター(冬山用ジャケット、オーバーパンツあるいはゴアテックス製の雨具)、フリース・下着(保温速乾性のあるもの)、スパッツ、帽子(毛糸の帽子等耳まで覆えるもの)、サングラス(またはゴーグル)、保温性の高い水筒、日焼止め、ヘッドランプ、コンパス、マグカップ、レスキューシート、昼食・行動食(3日分)
地図:昭文社「槍ヶ岳穂高岳」、国土地理院「上高地・焼岳・乗鞍岳・梓湖」(地図縮尺1:25,000)

※インナー手袋の替えをお持ちいただくことをお薦めします。
※昼食・行動食は、事前にご用意ください。周辺にコンビニエンスストア等の施設はありません。

定員

15名

その他

1.燕山荘スノーシューハイキングへのご参加には、北アルプス燕岳(2,763m)へ登山できる程度の体力が必要になります。
2.冷え込んだ場合、外気温-20℃以下まで下がります。それに耐えうる冬山防寒装備のご用意をお願い致します。
3.ツアー開始後であっても、天候、お客様の体調等によりツアーの安全かつ円滑な実施が不可能と予想される場合は、ガイド判断により日程の変更をする場合がありますので、予めご了承ください。
4.団体行動となりますので、お互いに助け合いながら楽しいハイキングにしましょう。
5.装備は最小限にし、ザックの中身はできるだけ軽くしましょう。
6.お申し込みは、高校生以上です。

※初日の集合時間の都合上、前日近隣にご宿泊ご希望の方は、沢渡「ペンションしるふれい」をお薦め致します。ご予約は各自で手配をお願い致します。

栂池自然園大パノラマスノーシューツアー

【栂池自然園大パノラマスノーシューツアー】
白馬三山の大パノラマ、ふかふかの雪、栂池ならではの楽しみ、ダウンヒル。ウサギの足跡、霧氷、静かな森。グリーンシーズンとは違う景色を楽しみながら心も体も癒されます。スノーシューをつけて自分だけのトレースを描きます。

開催日

第1回 2017年1月28日(土)~29日(日)
第2回 2017年2月18日(土)~19日(日)
【1泊2日】

予約の有無

要予約

日程

【栂池自然園大パノラマスノーシューツアー1泊2日】
集合 第1日目:午後1時30分  ホテル雪倉(長野県北安曇郡小谷村栂池高原)  
解散 第2日目:午後3時半頃  ゴンドラ乗場かホテル雪倉前
【宿泊】 ホテル雪倉 ☎0261-83-2231
【ホテル雪倉までのアクセス】
1.長野駅から特急バス(2,000円):特急バス長野ー白馬線(アルピコ交通)詳細はこちらから
  ※栂池高原バス停から徒歩約5分
2.白馬駅からシャトルバス(500円):HAKUBAVALLEY シャトルバス詳細はこちらから
  ※栂池高原スキー場バス停(ゴンドラリフト乗り場前)から徒歩約7分
3.南小谷駅からバス(520円):小谷村村営バス詳細PDFはこちらから

参加費用

大人一名様 21,000円
料金に含まれるもの:ガイド料、ホテル雪倉宿泊代(1泊2食)、スノーシューは燕山荘で用意
料金に含まれないもの:ゴンドラ料金、ロープウェー料金、二日目昼食、行動食
※基本的にホテル雪倉は男女別の相部屋になります。宿泊先への予約はこちらでいたします。
※また、男女別のお申し込み人数によりましては、定員に達しない場合でもご予約を承れない場合がございます。その場合は電話にて連絡をさせていただきます。予めご了承いただきますよう宜しくお願いいたします。

持ち物・服装

登山靴(普通の登山靴でもかまいませんが、防水、防寒の効いているものが快適)、ザック(30L前後のもの)、手袋(インナー・アウター両方)、靴下(厚手の物)、アウター(冬山用ジャケット、オーバーパンツ。なければゴアテックス製のカッパ)、フリース・下着(保温速乾性のあるもの)、スパッツ、帽子(毛糸の帽子等耳まで覆えるもの)、レスキューシート、サングラス(またはゴーグル)、保温性の高い水筒、行動食、日焼止め、ヘッドランプ、コンパス、マグカップ    
地図(国土地理院発行の地図縮尺  1:25,000)
〈栂池・展望湿原ツアー〉国土地理院:塩島、白馬岳   昭文社:白馬岳

※インナー手袋の替えをお持ちいただくことをお薦めします。
※昼食、行動食は事前にご用意ください。

定員

20名

その他

1.燕山荘スノーシューハイキングへのご参加には、北アルプス燕岳(2,763m)へ登山できる程度の体力が必要になります。
2.ツアー開始後であっても、天候、お客様の体調等によりツアーの安全かつ円滑な実施が不可能と予想される場合は、ガイド判断により日程の変更をする場合がありますので、予めご了承ください。
3.団体行動となりますので、お互いに助け合いながら楽しいハイキングにしましょう。
4.装備は最小限にし、ザックの中身はできるだけ軽くしましょう。
5.お申し込みは高校生以上です。

霧氷輝く北八ヶ岳スノーシューツアー

【霧氷輝く北八ヶ岳スノーシューツアー】
日本三大アルプス北アルプス・中央アルプス・南アルプスそして八ケ岳連峰の大パノラマが眼前に広がる中をスノーシューで歩きます。冬ならではの空の青さと白銀の森。降りたてさらさらのパウダースノー、童話の世界の様な北八ヶ岳をご案内致します。

開催日

第1回 2017年2月3日(金)~5日(日)
第2回 2017年2月24日(金)~26日(日)
第3回 2017年3月10日(金)~12日(日)
【2泊3日】

予約の有無

要予約

日程

集合 第1日目:11時30分 北八ヶ岳ロープウエイ駐車場(電車の方は茅野駅東口10時30分)
解散 第3日目:12時頃  北八ヶ岳ロープウエイ駐車場(電車の方は茅野駅)
【宿泊】北横岳ヒュッテ ☎090-3140-9702(〒391-0301長野県茅野市北山4035-2石臼台A-8)
    麦草ヒュッテ ☎090-7426-0036(〒391-0301長野県茅野市北山8241-1) 

1日目 集合 11:30 北八ヶ岳ロープウェイ
北八ヶ岳ロープウェイ~北横岳山頂往復  
北横岳山頂からは、八ヶ岳連峰をはじめ、北アルプスはじめとする大パノラマが望めます。
※昼食を早めに済ませてお集まりください
《宿泊》北横岳ヒュッテ

2日目 茶臼山・縞枯山等、北八ヶ岳周辺をスノーハイク
茶臼山頂上からは、南八ヶ岳、遠くは北・中央・南アルプス等が一望でき、樹氷も見事です。
※昼食は各自ご用意ください。
《宿泊》麦草ヒュッテ

3日目 朝食後、8:00麦草ヒュッテ出発―11:30メルヘン広場
解散 12:00予定 北八ヶ岳ロープウェイ駐車場

※集合場所最寄駅JR茅野駅~北八ヶ岳ロープウェイ駐車場間は、ご希望があれば車の送迎をいたします。その際は茅野駅東口ロータリーに午前10時30分までにお集まりください(要予約)。お帰りも茅野駅までご一緒致します。
※お部屋は相部屋になります。宿泊先への予約はこちらでいたします。

参加費用

お一人様  36,000円
料金に含まれるもの:3日間のガイド料、北横岳ヒュッテ・麦草ヒュッテ宿泊代(2泊夕食朝食込み)
スノーシュー・ストックは燕山荘で用意いたします。
料金に含まれないもの:1日目ロープウェイ料金、2日目の昼食、3日目の行動食(各自でご用意ください)、

持ち物・服装

登山靴(防水、防寒効果のあるもの快適)、ザック(30L前後のもの)、手袋(インナー・アウター両方)、靴下(厚手の物)、アウター(冬山用ジャケット、オーバーパンツあるいはゴアテックス製の雨具)、フリース・下着(保温速乾性のあるもの)、スパッツ、帽子(毛糸の帽子等耳まで覆えるもの)、サングラス(またはゴーグル)、保温性の高い水筒、日焼止め、ヘッドランプ、コンパス、マグカップ、レスキューシート、昼食・行動食
地図:国土地理院「蓼科山」、昭文社「八ヶ岳」(地図縮尺1:25,000)

※インナー手袋の替えをお持ちいただくことをお薦めします。
※麦草ヒュッテ付近の標高は約2,100メートル前後です。外気温は、-20℃以下まで冷え込むことがあります。
※2日目の昼食、行動食は事前にご用意ください。

定員

15名

その他

1.燕山荘スノーシューハイキングへのご参加には、北アルプス燕岳(2,763m)へ登山できる程度の体力が必要になります。
2.冷え込んだ場合、外気温-20℃以下まで下がります。それに耐えうる冬山防寒装備のご用意をお願い致します。
3.ツアー開始後であっても、天候、お客様の体調等によりツアーの安全かつ円滑な実施が不可能と予想される場合は、ガイド判断により日程の変更をする場合がありますので、予めご了承ください。
4.団体行動となりますので、お互いに助け合いながら楽しいハイキングにしましょう。
5.装備は最小限にし、ザックの中身はできるだけ軽くしましょう。
6.お申し込みは高校生以上です。

白銀に輝く栂池展望湿原スノーシューツアー

【白銀に輝く栂池展望湿原スノーシューツアー】
3月だけのお楽しみ企画。パノラマウェイを使って自然園のさらに奥へ出かけます。白馬岳をはじめ3,000m近い山々に囲まれた自然園はこの時期広大な雪原となります。懐深く進むほど山に抱かれているような心地よさ。圧倒的スケールのパノラマスノーシューです。

開催日

第1回 2017年3月18日(土)
第2回 2017年3月19日(日)
第3回 2017年3月20日(月)
第4回 2017年3月25日(土)
第5回 2017年3月26日(日)
【日帰り】

予約の有無

要予約

日程

【白銀に輝く栂池展望湿原スノーシューツアー 1日コース】
集合:午前8時    ホテル雪倉(長野県北安曇郡小谷村栂池高原)  
解散:午後3時半頃  ゴンドラ乗場かホテル雪倉前
ホテル雪倉 ☎0261-83-2231
【ホテル雪倉までのアクセス】
1.長野駅から特急バス(2,000円):特急バス長野ー白馬線(アルピコ交通)詳細はこちらから
  ※栂池高原バス停から徒歩約5分
2.白馬駅からシャトルバス(500円):HAKUBAVALLEY シャトルバス詳細はこちらから
  ※栂池高原スキー場バス停(ゴンドラリフト乗り場前)から徒歩約7分
3.南小谷駅からバス(520円):小谷村村営バス詳細PDFはこちらから

参加費用

お一人様  8,000円
料金に含まれるもの: ガイド料、スノーシューは燕山荘で用意いたします。
料金に含まれないもの: ゴンドラ料金、ロープウェー料金、昼食、行動食

持ち物・服装

登山靴(普通の登山靴でもかまいませんが、防水、防寒の効いているものが快適)、ザック(30L前後のもの)、手袋(インナー・アウター両方)、靴下(厚手の物)、アウター(冬山用ジャケット、オーバーパンツ。なければゴアテックス製のカッパ)、フリース・下着(保温速乾性のあるもの)、スパッツ、帽子(毛糸の帽子等耳まで覆えるもの)、レスキューシート、サングラス(またはゴーグル)、保温性の高い水筒、行動食、日焼止め、ヘッドランプ、コンパス、マグカップ    
地図(国土地理院発行の地図縮尺  1:25,000)
〈栂池・展望湿原ツアー〉国土地理院:塩島、白馬岳   昭文社:白馬岳

※インナー手袋の替えをお持ちいただくことをお薦めします。
※昼食、行動食は、事前にご用意ください。

定員

20名

その他

1.燕山荘スノーシューハイキングへのご参加には、北アルプス燕岳(2,763m)へ登山できる程度の体力が必要になります。
2.ツアー開始後であっても、天候、お客様の体調等によりツアーの安全かつ円滑な実施が不可能と予想される場合は、ガイド判断により日程の変更をする場合がありますので、予めご了承ください。
3.団体行動となりますので、お互いに助け合いながら楽しいハイキングにしましょう。
4.装備は最小限にし、ザックの中身はできるだけ軽くしましょう。
5.お申し込みは高校生以上です。

【冬の燕岳を安全に登るためのご提案】
燕山荘では、冬の燕岳を安全に登って頂くために、段階をおって経験を積まれてから挑戦されることをお薦めしています。

STEP1 夏の燕岳に登る

STEP2 スノーシューツアーを体験

STEP3 春山登山を体験

STEP4 冬の燕岳へ

有明荘

日本二百名山有明山(信濃富士)登頂ツアー

安曇野のシンボル有明山(標高2,268m)は、山容が富士山に似ていることから信濃富士と呼ばれ安曇節にも歌われるほど里の人々には昔から親しまれている山です。
燕山荘からは眼下にそびえ立つこの安曇野の名山に登り、道中しゃくなげの花、頂上では眼下に広がる松本平、安曇平、反対側には燕岳から大天井岳、常念岳の壁のような稜線を眺めてみませんか。少し異次元の雰囲気を有明荘の温泉と共にお楽しみください。燕山荘スタッフがガイドします。

開催日

2017年6月10日(土)~11日(日)

申込方法

【要予約】

新緑湯ったりパック~送迎付き日帰りパック~(2017年度)

新緑の美しいこの季節、今年も、有明荘ではバス送迎付き「新緑湯ったりパック」(4名様以上対象)を企画いたしました。送迎、入浴、昼食御膳付き、休憩には個室をご利用いただいております。お客様のご指定頂いた場所(たとえば、ご自宅・駅・公民館前など)に送迎バスが迎えに参ります。
送迎対象地域 安曇野市・旧梓川村・池田町・松川村の一部 です。

開催日

【開催期間】
2017年5月22日(月)~7月7日(金)
※休館日 6月13日(火)・7月4日(火)

紅葉湯ったりパック―送迎付き日帰りパックー(2016年度)

毎年恒例有明荘企画「紅葉湯ったりパック―送迎付き日帰りパックー」(4名様以上対象)の受付を開始致しました。素晴らしい紅葉と、温泉、ご昼食をお楽しみいただき、休憩は個室をご利用頂けるバス送迎付きのとてもお得なプランです。

開催日

開催期間2016年10月3日(月)~11月7日(月)
終了しました

大天荘

日本一標高の高い芋煮会+ランプの夕べ

秋の代表的な味覚の一つとして、芋煮があります。ご夕食の際、“芋煮の発祥の地 東北生まれのスタッフが仕込む芋煮”を召し上がりながら、晩秋の山を満喫していただきます。
夕食後は食堂にて“ランプの夕べ”を開催します。大天井岳の麓 安曇野に昔から伝わる民話の語り部と、大天井岳の四季を写したスライドショーをお楽しみください。ほのかなランプの灯が、秋の夜長を盛り上げます。ランプの夕べご参加の方には、もれなくスタッフ手製のケーキとワインのサービスがつきます。

開催日

2017年9月3日(日)、10日(日)、18日(月)、24日(日)
   10月1日(日)、9日(月)、15日(日)
   (全7回)

予約の有無

[予約不要]

ヒュッテ大槍

大槍スタッフと行く紅葉の天狗池

“逆さ槍”で有名な天狗池(氷河公園)へ大槍スタッフと出かけてみませんか?槍ヶ岳を映す池のほとりで手作りスイーツのティータイム。

大槍出発7:00~ 天狗池着10:00 ~
天狗原分岐道標解散12:00 の予定です。

ご予約は3日前までにお願い致します。また、天気状況により、当日中止とさせていただく場合がありますので予めご了承下さい。

ご予約:TEL090-1402-1660(ヒュッテ大槍直通電話)

開催日

2015年10月4日(日)、 5日(月) 

予約の有無

[10月3日(土)、10月4日(日)ご宿泊の方対象、要予約 無料]