北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘通信|北アルプス表銀座 燕岳(つばくろだけ)の山小屋 燕山荘グループ
 

霧氷輝く北八ヶ岳スノーシューツアー第2回目
2019/03/11

3月8日~10日の2泊3日で、燕山荘企画「霧氷輝く北八ヶ岳スノーシューツアー」を催行しました。

北八ヶ岳一帯も、この冬は雪の少ないシーズンだったようですが、3月に入り何度かのまとまった降雪のおかげで、この3日間の雪質と量は、今シーズン一番良い状態となりました。加えて、タイトル通り立派な霧氷もあちこちで見ることが叶い、皆さん気持ち良いスノーハイクを満喫しました。

【1日目】

3月のわりに霞むことなく、遠望がよく効きました。

北横岳山頂の北峰からは浅間山がきれいに眺めることができます。数日前からの降雪のおかげで、どっしりした山容が際立ちます。手前に見えるパラボラアンテナは、JAXA臼田宇宙空間観測所です。

「スノーシューはもちろんなのですが、今回が初めての雪山体験なんです。それでこれだけの景色を見ることができたので、間違いなく雪山にはまりそうです」
「一眼レフカメラを持って来ればよかった・・・後悔です」
何度もツアーで訪れている我々スタッフでも、そう簡単にこういった素晴らしい景色を目の当たりにすることは数少ないため、

【2日目】

北横岳ヒュッテから片道10分程で辿り着ける北横岳山頂、朝食前に日の出を一目見ようと、皆さん早起きしていざ山頂へ。息を呑むほどに、両神山の脇から出た太陽は素晴らしいものでした。ちなみに、この時小屋に掲げられた温度計は、外気温-13℃を指していました。

「撮っても撮ってもきりがないけれど、これだけ見られれば撮りたくなりますよね・・・」
思いのほか稜線は風があって寒く感じたものの、雲一つない快晴の下、シャッターを切る音が鳴り止むことはありませんでした。
週末土曜日とこの陽気に誘われた多くの登山者で、縞枯山~茶臼山の稜線は、すれ違いが少々大変なくらいに賑わっていました。

午後は麦草ヒュッテに荷物を置いて白駒池へ。
厚さ数十センチにも及ぶ氷で全面結氷した池の上を歩ける喜びなのでしょう、皆さんあっという間に四方八方に散らばって行きました。

【3日目】

日の出とともに、大きなレンズ雲が小屋の東の空に出現。天候の悪化を予兆させる雲の一つ、皆さん空の様子を気にしながら足早に下山開始となりました。
国道299号の途中にある日向木場展望台。“木場”とは、その昔、切り出した木材を一時的に集積しておくための場所を指したものですが、その所以の通り、この辺りは木が少なく、眺望のよく効く展望台となっています。

槍・穂高連峰

常念岳~大天井岳

鹿島槍ヶ岳

剣・立山連峰
結局最終日も降られることなく、無事にツアー終了となりました。


例年、北八ヶ岳ツアーは2月~3月にかけてを予定していますが、北アルプス等に比べると確かに晴天率は比較的高めではあります。一方でその分、朝晩の放射冷却の要素は多くなるため、-20℃以下まで冷え込むのが珍しくない山域でもあります。加えて、八ヶ岳全体が独立峰のような要素も含むため、晴れていても風はよく吹きます。
そのため、手足の防寒対策はとても大切です。
その点十分踏まえた上での装備の用意が必要です。

ご参加頂きました皆様、遠い所からお見え頂きありがとうございました。
ガイド:河地、榊
写真と文:榊

【2019年 今後のスノーシューツアー日程ご案内 】

【白銀に輝く栂池展望湿原スノーシューツアー】(日帰り)
 第1回 2019年3月16日(土)
 第2回 2019年3月17日(日)
 第3回 2019年3月21日(木)
 第4回 2019年3月22日(金)
 第5回 2019年3月23日(土)


【親子で体験スノーシューツアー】(日帰り)
 2019年3月24日(日)

お問合せ・ご予約

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る