北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

北アルプス表銀座の山小屋/燕山荘グループのWEBサイトです

燕山荘

燕山荘|北アルプス表銀座 燕岳(つばくろだけ)の山小屋 燕山荘グループ
 

イベント情報

燕岳ビギナー春山登山教室(1泊2日)

燕山荘がオープンする4月、燕岳は一年の中でも雪の多い時期、「雪山」になります。
二日間の日程の中で、ピッケルの使い方、アイゼンを使った歩き方、滑落停止訓練など、雪山での基本的な技術をお伝えします。経験豊富な燕山荘スタッフが、登山口から雪のある燕岳頂上までご案内するツアーです。
※積雪のあるこの時期の登山では、夏の燕岳に余裕をもって登ることができる体力が必要です。


開催日

第1回 2017年4月29日(土)~30日(日)
第2回 2017年5月1日(月)~2日(火)
第3回 2017年5月3日(水)~4日(木)
第4回 2017年5月13日(土)~14日(日)
第5回 2017年5日20日(土)~21日(日)
第6回 2017年5月27日(土)~28日(日)

日程

■1日目
【集合時間】 午前7時40分
【集合場所】 有明荘(0263-84-6511)玄関前集合(燕岳登山口下方700m)
燕山荘スタッフガイドのもと、合戦尾根を登ります。雪の上はアイゼン歩行の練習。
途中お昼をはさみながら、初歩的なザイル、ピッケル・アイゼンワーク、滑落停止講習。

午後3時頃 燕山荘到着
到着後燕岳登頂(天候により予定を変更する場合があります。) 燕山荘泊

■2日目
燕山荘で朝食後、下山開始予定
【解散時間】 昼12時30分頃 有明荘で解散予定

※天候等によりスケジュールに変更がある場合があります。予めご了承ください。

参加費用

【1泊2日コース】 大人1名様25,500円 
上記の料金には、燕山荘宿泊料(1泊2食) 、ガイド料が含まれています。

持ち物・服装

5月中旬以降のツアーはアウターシェル上下と雨合羽の両方をお持ちください(どちらにするかは当日のガイド判断となります。使用しないものは有明荘に置いていきます。)、ダウンジャケット上、中間着、冬用登山靴、アイゼン(前爪付きの10本爪以上)、ピッケル、ロングスパッツ、手袋(オーバーグローブ、インナーグローブ、薄手の手袋、予備を含めて各2枚ずつ)、帽子2種類(毛糸の帽子と目出帽)、サングラス、日焼け止め、リップクリーム、着替え、タオル、テルモスなどのお湯を入れる携帯用ポット、行動食(初日の昼食分も含む)、ウエットティッシュ等。この時期、水は殆ど使えないと考えてください。

※登山靴とアイゼンの相性はとても大切です。
これからアイゼンをお求めになられる方、また、アイゼンをお持ちでも登山靴と併せていない方は、スポーツ店に登山靴をお持ちいただき、その場でアイゼンとあわせ、事前に確認をしておいてください。
※春山(4、5、6月)は、Tシャツで登れるほど暖かい日もありますが、寒気が入ると猛烈に気温が低下し、吹雪になることもあります。装備は寒気の時に併せて、冬山用をご用意ください。ピッケル、アイゼンは必携です。
※あると便利な物(カメラの予備バッテリー、女性の方はふくだけのメイク落としなど)

定員

第1回~第3回  35名
第4回~第6回  20名

その他

※ガイド判断により、行動中、お客様の体調不良が顕著な場合は、下山していただく場合がありますので、予めご了承願います。
※天候により、ガイド判断で日程の内容を変更させていただく場合があります。
※このツアーにご参加いただくには、夏の燕岳に余裕をもって登ることができる体力が必要です。(または、2500m以上に登ったことのない方は、このツアーはご遠慮ください。)
※参加対象年齢は、18歳から70歳までです。
※お車でお越しの方の駐車場につきましては、有明荘のフロントまたは担当ガイドに必ずお問い合わせのうえ駐車をお願いいたします。
※安全のため、ピッケルをザックにつけている場合は山荘に入る前にザックから外しカバーを付けて手でお持ちください。アイゼンは歯と歯を併せて縛り、必ず専用の袋に入れてください。ストックは先端に必ずカバーを付けてください。

お問合せ・ご予約

燕山荘直通電話

TEL090-1420-0008

株式会社燕山荘 松本事務所

TEL0263-32-1535

(月〜金曜日 9:00〜17:00)

facebookページ
株式会社燕山荘

松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10
TEL:0263-32-1535 FAX:0263-32-0898

©株式会社燕山荘 All Rights Reserved.

ページ上部に戻る