まとめて一週間「ブログ有明荘便り」
2012年11月6日~11月11日編


このページでは、有明荘ブログ「有明荘便り」をまとめてご紹介しています。


11月6日≪雨の日の有明荘≫
こんにちは。昨日の朝の気温は5℃だとブログでお伝えしましたが、今朝の気温はさらに上がって8℃を超えていました。玄関の掃除をしながら空を見上げると雲(霧?)が空を覆っていました。これが暖かい理由のようです。山の晴れた夜は遮るものがなく、放射冷却がとくに著しくなり、とても気温が下がりやすいものです。しかし、雲があるとそれを邪魔して気温が下がりにくくなるようです。紅葉も段々と終わりを感じさせる風景になってきました。雨が降った次の日はとくに落ち葉が多いような気がします。雨や雪の日は残念ですがお客様の数も減ってしまいます。ハイシーズンのことも考えれば少しさびしいような気もしますが、この森閑とした雰囲気が好き、というお客様がいるのも事実です。今、そこにある状況を良くとらえるのか、否か、本当の意味でその時々の人生を楽しめるかどうかは、その人の考え方、とらえ方次第なのではないでしょうか。(伊藤憲志郎)


11月7日 ≪最近のお仕事≫
こんにちは今朝のお天気は曇りでしたが、現在は時々お日様が顔を出したり、みぞれが降ってきたり少し外に出るだけで山ならではのお天気が感じられます。紅葉も大分枯れてしまいましたが雪と一緒に舞っている景色も素敵だと思います。そして、落ち葉と言えば、スッタフは毎日掃除に追われています。風の強い日は、一晩で露天風呂一面、松の葉っぱでいっぱいになってしまいます。取っても取っても取りきれない程です。この時期ならではのお仕事ですね。パラパラと降る松の葉っぱのシャワーを浴びながらの入浴なんていかがでしょうか?(原島)


11月8日 ≪雨上がり、冬の訪れ≫
こんにちは。連日の雨がやみ、快晴と呼ぶにふさわしい天気となりました。しかし、有明荘周辺では雨がやむことはありません。快晴なのに何が降ってくるのか?その正体は、カラマツです。カラマツの雨が降り、有明荘周辺の地面を茶色に染め上げていきます。中房川周辺の木々の葉はすでに落ち、紅葉の終わりが近づいています。これはひしひしと、冬の訪れを感じさせます。小屋締めまで20日を切ってしまいましたが、我々スタッフ一同お客様のご来館を心よりお待ちしております。(伊藤憲志郎)


11月9日≪スズメバチ≫
今朝も大分冷え込んで外に出ると震える程でしたが、日が射してくると暖かくなってきて気持ちの良いお天気です。ここ有明荘は谷間になっている為、太陽の当たる時間が短いので外に出ると自然と空を見上げてしまいます。樹の上から見える雲を見ていると癒されます。これからもっと冷え込むと、山の雪化粧も綺麗に見えるかと思うと楽しみですね。スタッフが有明荘の近くで見つけてきたスズメバチの巣です。スズメバチの巣の茶色や灰色の縞模様は、巣蜂が枯れ木などからかじり取ってきた木の繊維に唾液を混ぜたものを薄く広げて作られるようです。沢山の蜂が色の違ういろんな木から集めて来て、各々巣に追加していくため、こんな縞模様ができるんですね。芸術作品のようです。フロントに飾ってありますので是非見に来てください…


11月10日 ≪晴天≫
おはようございます。最近はあまり天気が良くありませんでした。本日も予報では安曇野市は曇りでしたが、今朝は気持ちの良い晴れになりました。このような晴れた日は、寒くても散歩したくなります。散歩中に有明荘周辺の紅葉を見ていると、あとは落葉松が綺麗な黄色をつけているのみとなってきました。有明荘の前の道を少し下っていくと、雪化粧した山が見えてきました。方角的には、大天井方面なのですが、勉強不足なので自信がありません。紅葉は終わりに近いですが、最近では雪山をのんびり眺める楽しみもあります。(吉田)


11月11日 ≪掲載されました≫
なんと有明荘が「信州温泉やど」という雑誌に掲載されました。有明荘が掲載されているのは嬉しいことですが、長野県内の数多くの素晴らしい温泉旅館が紹介されているので、是非一度ご覧ください。



有明荘ブログ「有明荘便り」は毎日更新を目指し、頑張っています。
最新の情報や状況はブログで紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また、時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ