まとめて一週間「ブログ有明荘便り」
2012年10月2日~10月8日編


このページでは、有明荘ブログ「有明荘便り」をまとめてご紹介しています。


10月2日≪カラフルシリーズ≫
曇り空の一日で、日中になってもあまり気温も上がらず、肌寒い日となっています。里から上がってくるお客様は「寒いわねー」と、ちょっと驚いていらっしゃいます。あたたかい館内にホッと一安心の様子です。
山も寒くなってきているので、防寒着等忘れずにお持ちください。売店にも秋物が入荷しています。今、流行のカワイイ♡デザインの帽子や靴下は山登りでなくても欲しくなりますね。
カラフルさでは負けていないディパックも置いています。売店担当者としては「登山口まで来てディパックを買う人がいるんだろうか?」と不思議に思った事もありますが、結構買って行かれるお客様が多いのです。こちらも山登りだけでなく、普段使いする方が多いようです。
最近は街中でも登山メーカーの衣類やグッズを身に付ける方を多く見かけます。デザインが可愛くなっていることもあるし、やはり登山用品は丈夫で機能的にできているので、実用面でも魅力的なんでしょうね。(猪股)


10月3日 ≪神無月「吹き寄せ」会席≫
さぁ、今日は毎月始めに楽しみにされている方も多いと思われる、10月・神無月のご夕食献立の紹介です。神無月の献立は「吹き寄せ」会席をご用意いたしました。
それでは、一品ずつ紹介いたします。
まずは前菜…「吹き寄せ盛り」です。落ち葉が風に流され溜まっている様子をイメージした季節感たっぷりの前菜です。しめじの紅葉和え・なめことヤマメ卵のおろし和え、小籠にはむかご新薯・秋刀魚棒寿司・合鴨ロース煮・バター祇園坊・海老ポテト・煎り銀杏が盛り込まれています。そして、公孫樹南瓜(いちょうかぼちゃ)と紅葉林檎(もみじりんご)が深まりゆく秋を感じさせてくれます。
「吹き寄せ会席」 前菜「吹き寄せ盛り」

続いて、造りは「信州サーモンの昆布締め」添えられているのは刺身蒟蒻と岩茸です。焚き物は「海老芋と豆腐の揚げ出汁 蟹と菊花の餡かけ」です。
造り「信州サーモンの昆布締め」 焚き物「海老芋と豆腐の揚げだし汁」

小鍋には信州のそば文化とも言える「御煮掛け蕎麦」を用意いたしました。茹でたおそばに具沢山の汁をかけて食べるのが「お煮掛け蕎麦」です。今回は信州産の豚バラと福味鶏のモモ肉が入ったボリュームのある内容。この季節らしくキノコも入っています。
蒸し物は「雪見蒸し」です。鰆・海老・百合根・銀杏・きくらげ・人参などで仕上げました。
小鍋「御煮掛け蕎麦」 蒸し物「雪見蒸し」

「台の物」は「信州産牛と大鱒の南蛮焼」青ネギを絡めて頂くと一層美味しく召しあがれます。
そして有明産白御飯と赤味噌仕立てのお椀の後の「水物」では「栗きんとん」が締めくくります。リンゴのワイン煮とともにこの季節の味をお楽しみください。
台の物「信州産牛と大鱒の南蛮焼き」 水物「栗きんとん」
食欲の秋…美味しい食事と極上の温泉で、心も身体も温まってください。(猪股)


10月4日 ≪季節を楽しむ≫
夕べから朝にかけて雨が降っていましたが、10時現在では青空も見え始めています。
さて、昨日は料理の紹介でしたが、今日はそれを引き立てる小物の話題です。下の写真に写っているもの、何かわかりますか?料理の下に敷く紙製のテーブルマットです。普段有明荘では安曇野の名産品である「わさび」をモチーフにしたものを使っています。お客様にも好評で、ご夕食を済まされた後、持ち帰る方も少なくありません。そこで!
これからの紅葉シーズンに向けて、時期限定でもみじ柄のマットを用意しました。秋の料理をより一層楽しんで頂ければと思います。ただし、数量に限りがあって用意できない日もございますのでご了承ください。
味だけでなく、目でも楽しめる日本料理…四季のはっきりしている日本ならではの楽しみかたですね。(猪股)
わさびマット もみじマット


10月5日≪色付き始めています。≫
朝から秋の抜けるような青空が広がっています。ここ数日はどんよりとした日が多かったので、久しぶりに爽やかな気持ちの良い日となりました。
紅葉もだいぶ進んできました。庭のもみじも日当たりの良い所から徐々に色を変え始めています。紅葉度合い20%といったところでしょうか?近くで葉を見ると、まだまだ緑のものや、すっかり赤くなっているもの、色付き途上の斑色のもの…と、色々です。玄関前から見える山肌もずいぶん黄味を帯びてきたような気がします。今朝6時の気温は11℃でした。これから冷え込みが強くなればどんどんと紅葉は進みます。「見頃はいつですか?」と、よく聞かれますが、これからの天候次第で変わってきます。長年(?)ここで働いている私の見込み予想を書くならば・・・10月20日前後! 
ただし、これは有明荘の庭のもみじの見頃です。有明荘のある中房渓谷は標高差がありますので、その後でも中房沿線では紅葉を楽しめます。また、庭のもみじが終わるころにはカラマツが黄葉して山肌が黄金色に染まります。それもまた見事なものです。
有明荘周辺の紅葉は始まったばかりですが、燕岳への途中合戦尾根付近の紅葉は、この週末も十分楽しめます。明日、明後日と山は大賑わいになると思います。登山口の駐車場も満車になると思われますので、できるだけバスなどの公共機関をご利用いただくようご協力をお願いいたします。(猪股)


10月6日 ≪駐車場情報≫
3連休の初日、早朝よりたくさんの登山者が紅葉の燕岳目指して出発して行きました。
登山口に近い無料駐車場もあっという間に満車となり、有明荘の下方に路上駐車状態となっています。
明日も多くの方が登山を予定されていると思いますが、公共交通機関、または穂高街内にある登山者用無料駐車場(①穂高駅近く穂高駐車場、②安曇野の里駐車場、③しゃくなげ荘駐車場)に車を止められて、定期バス、タクシーをご利用頂くことをおすすめ致します。道路は幅が狭いため、路上駐車をされますと、バスのすれ違いが出来なくなり、登山口へ向かう車の渋滞にも繋がりますので、是非ご協力をお願いいたします。


10月7日 ≪連休2日目≫
夕べから風が冷たいなぁー、と思っていたら、今朝は10度まで気温が下がりました。燕岳では初雪が降ったとの事…寒い季節がやってきます。
さて、今日は昨日燕山荘に宿泊されたお客様の下山ラッシュでお風呂も食堂も大忙しでした。燕岳の紅葉がきれいだった、とお客様は大満足の様子で、その笑顔を見るだけで私達も幸せな気分になれました。そして今日は連休も中日とあって、宿泊のお客様もたくさんいらっしゃいます。夕方の厨房は昼に続き大忙しです。でも絶対に料理には手を抜かない斎藤料理長はじめ、厨房スタッフは黙々と盛り付けに集中していました。この秋の連休・・・お越しいただくお客様がみんな笑顔で満足して過ごしていただけるようスタッフ一同がんばっています。(猪股)
昼営業中の食堂入口 厨房スタッフの手早い盛り付け


10月8日 ≪秋晴れ≫
午前6時の気温が5℃と、寒い朝を迎えました。この秋、最高の青空がひろがり、風もなく、これぞ「秋晴れ!」という天気になっています。
ここ2日の冷え込みだけで、紅葉も一気に進んできました。裏手の山肌は明らかに色を変えています。庭のもみじもご覧の通り黄色味から赤味が強くなってきました。このもみじは、これからビックリするほど赤くなります。日々、赤味を増していく様子を見ているとワクワクしますね。バス停付近のミズナラの葉も黄色くなってきました。先日モミジの見頃を10月20日前後と予想しましたが、15日頃になるかもしれません(予想変更…)。里からいらっしゃった方には今でも十分紅葉気分を味わえます。もみじ狩りを兼ねて、是非「山の温泉」にお越しください。(猪股)
抜けるような秋の青空

10月8日の有明荘

モミジは赤味を増してきました ミズナラは黄色味を増してきました



有明荘ブログ「有明荘便り」は毎日更新を目指し、頑張っています。
最新の情報や状況はブログで紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また、時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ