まとめて一週間「ブログ有明荘便り」
2012年9月4日~9月10日編


このページでは、有明荘ブログ「有明荘便り」をまとめてご紹介しています。


9月4日≪鮮やかなゼラニウム≫
最近の空はどんよりとした曇り空が続いています。太陽が顔を出さないせいか、午前10時での気温も18℃と肌寒い少し肌寒い朝でした。
しかし、そんな天気の中でも有明荘にある「ゼラニウム」は、鮮やかな色で曇りの気分を明るくさせてくれます。有明荘にお越しの際は、温泉、食事だけではなく、どうぞゼラニウムもお楽しみください。(吉田)
食堂前 2階南側


9月5日 ≪耳をすまして≫
久しぶりに良いお天気となり、温かい日差しが降り注いでいます。良い日だからと外に出てみると、チリチリとたくさんの虫の声が聞こえてきました。マツムシでしょうか。草の間にたくさんいて、大合唱を響かせていました。他の虫が人の気配に気づくと鳴き止むのに対し、彼らは、こちらが近付いてカメラを向けると向こうから近寄ってきてくれたりと、サービス精神旺盛でした。秋になり、花は少なくなりましたが、このような虫たちの鳴き声が至る所で聞こえます。有明荘にお越しの際は、目だけでなく耳でも豊かな自然をお楽しみください。(山路)


9月6日 ≪ほっと一息雨宿り≫
昨日良かった天気も今日はまた崩れ、朝から雨模様となりました。
ふと見てみると、いつもはせっせと地面を歩いている蟻たちが葉の裏に集まっていました。葉を屋根代わりにしての雨宿りでしょうか。
ところで、有明荘の露天風呂には屋根が付いており、雨を眺めながらのお風呂もお楽しみいただけます。山行中に雨に降られた方も、体を温めにぜひ有明荘にお越しください。(山路)


9月7日≪安曇野の風景≫
今日は朝から青空が広がり、気持ちの良い風が吹く有明荘周辺です。
さて、夏の繁忙期も一段落して、昨日久しぶりに里に下りました。安曇野では今、ソバの花が満開です。蕎麦の花で埋め尽くされた畑は白い絨毯のように美しく、まさに圧巻!「これぞ安曇野!」という感じです。写真にはうまく収まりませんでしたけど、ちょうど稲が黄金色に輝く季節でもあり、白と黄色のコントラストが素晴らしい光景を生み出しています。
私達はよく見なれた「ソバの花」。「蕎麦」という食品は知っていても、その花を見た事がない方も多いと思います。蕎麦の花は白色や淡紅色や赤色など色々ありますが、この時期の安曇野ではほとんどが白色です。「花」として観賞するにも値するとってもかわいい花です。
思えば、昨年の今頃はNHKの連続テレビ小説「おひさま」の舞台となった安曇野…TVを見て、安曇野の蕎麦を召しあがりに来る方がたくさんいらっしゃいました。今年もあと一ヶ月もすれば新ソバの季節がやってきます。「おひさま」の舞台となったそば屋「丸庵」「百白花」風に言うと、『安曇野へおいでなさんし。安曇野の蕎麦は本当に「うんまい」だいね!』ってとこでしょうか。(猪股)


9月8日 ≪「紅葉パック」受付開始!≫
秋の訪れを感じさせる今日この頃。毎年恒例「紅葉パック」の受付が始まりました!と、その前に『「紅葉パック」って何?』と思う方も多いはず・・・。
「紅葉パック」とは・・・主に地元安曇野市の方々を対象にした送迎付き日帰りプランです。安曇野市内(近郊)からの送迎、入浴、昼食が付いてお一人様3500円のお得なパックです。お昼の松花堂風弁当には小鍋やミニデザートも付いて、毎年皆さんから好評を得ています。(※写真は昨年のものです)
4名様以上でのお申込みが必要となりますが、お部屋(個室)もご用意いたしますので、お友達やご家族で楽しいひと時をお過ごしください。(※お食事は食堂です。)
期間は10月1日(月)~11月11日(日)たっぷりと温泉につかって、紅葉を見ながら美味しいお弁当を存分にお楽しみください。ご予約はお電話にて承ります。
有明荘代表電話:090-2321-9991(予約受付時間8:00-18:00)
毎年、紅葉が見頃となる10月中旬から下旬は大変込み合います。予約人数に制限がございますので、ご予約はお早めに!今年も皆さんのお越しをお待ちいたしております。(猪股)


9月9日 ≪先の話ですが…≫
さて、昨日は「紅葉パック受付開始」の話題でしたが、この所、紅葉時期の問い合わせが多くなってきました。と、いうことで今日はそれにお答えしたいと思います。
例年、有明荘周辺は10月中旬に庭のもみじが真っ赤に色付き、見頃を迎えます。その後、紅葉は徐々に里に下りて行くので、10月下旬までは中房渓谷どこかで紅葉が楽しめます。
10月下旬の有明周辺ではもみじの紅葉に変わり、カラマツの黄葉が見頃を迎え、山全体が黄金色に輝く素晴らしい景色を楽しむ事が出来ます。
私も毎年紅葉を楽しみにしていますが、その素晴らしい紅葉を皆さんにも見て頂きたくて、先週から館内の掲示板に写真を貼り出しました。今は緑が美しい有明荘周辺ですが、季節とともに移りゆく自然の素晴らしさを是非、お越し頂き感じていただけたら…と思っています。(猪股)


9月10日 ≪秋の献立≫
9月3日のブログで取り急ぎ載せた「秋のご夕食献立」。いずれ詳しく紹介しますと書きながら、一週間が過ぎてしまいました…ごめんなさい。今日は一品ずつ写真で紹介いたします。「菊会席」の名にふさわしくあちこちに菊が使われています。
まずは前菜「七種盛り」・・・焼き茄子胡麻餡かけ(寄せ湯葉・ちらし海老添え)・菊菜と菊花のお浸し・岩魚焼目寿司・川海老唐揚げ・レーズン入りつくね・さつま芋レモン煮・枝豆の七種です。
秋のご夕食献立「菊会席」 七種盛り

造里は「信州サーモンの昆布締め」。菊の花が添えられています。
そして「焚き合わせ」・・・南瓜の含め煮・里芋田舎煮・厚揚げ・人参・青唐唐子、大根には肉味噌がかかっています。
信州サーモンの昆布締め 焚き合わせ

小鍋は「信州産牛豆乳鍋」です。そのまま召しあがってもよし、また醤油味のたれと薬味で召しあがって頂くこともできます。台の物は「福味鶏の照焼サラダ仕立て」・・・水菜・パプリカ・蓮根・茄子に混じって栗チップが入っている所に季節を感じます。菊の花びらもちらされ彩りよく食欲をそそります。わさびマヨネーズドレッシングでお召し上がりください。
信州産牛豆乳鍋 福味鶏の照焼サラダ仕立て

焼物は「マスのポテト焼き」。見た目にとってもかわいいし、味も絶妙!付け合わせは「きのこと大根おろし」と思いきや、実は「リンゴのおろし」。これまた絶妙!ご飯とお椀は地元有明産のお米と味噌を使用しています。そして、最後の水物は「萩ようかんと白玉団子」巨峰と梨も付いています。「萩羊羹」はこの時期に咲くハギの花に見立てたもので、白羊羹に炊き込んだ小豆をちらしてあります。季節を感じる一皿ですね。
マスのポテト焼き 萩羊羹と白玉団子
夏の賑やかさが落ち着き、渓谷を渡る風も「秋の風」に変わりました。ゆっくり美味しい食事をいただいて、秋の夜長をのんびりと温泉で過ごす…。
「何もない贅沢」…有明荘の本当の良さがわかる季節です。(猪股)



有明荘ブログ「有明荘便り」は毎日更新を目指し、頑張っています。
最新の情報や状況はブログで紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また、時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ