まとめて一週間「ブログ有明荘便り」
2011年8月9日~15日編


このページでは、有明荘ブログ「有明荘便り」をまとめてご紹介しています。


8月9日≪夏が戻ってきました!≫
青空の広がる一日となりました。平日でも多くの登山者が燕岳へ登って行かれました。先週は肌寒いほどの気候でしたが、また夏が戻ってきたようです。すっかり緑に囲まれた有明荘の庭の日蔭は本当に気持ちの良い空間です。
休憩時間に周辺を歩いてみると、先日紹介した「ネジバナ」がたくさん咲いていました。その中で「右巻き」と「左巻き」のネジバナが並んで咲いているのを発見!ちょっと面白かったのでカメラでパチリ♡
忙しい日々が続き、気にとめていなかった庭の「オオバギボウシ」も実を付け始めていました。明日からも良いお天気が続きそうです。夏が戻ってきました!
ネジバナ オオバギボウシ


8月10日 ≪秋を告げる花≫
今日も一日晴天が続きました。夕方の雷雨は無かったのですが、夜に入り小雨が降っています。おそらく夜の内だけの雨でしょう。
さて、夏の暑さが戻ってきた有明荘周辺ですが、秋を告げる花が咲き始めています。秋の花の代表格「ノコンギク」があちこちで咲いています。また、「ゲンノショウコ」もちらほらと見ることができます。今年はいつもなら暑いはずの時期が涼しく、涼しくなる今頃になって暑くなり…それでも野の花はいつもと変わらぬ時期に私たちの目を楽しませてくれます。
明日もお天気に恵まれそうです。
ノコンギク ゲンノショウコ


8月11日 ≪ファミリー登山教室出発!≫
曇りがちですが、所々雲の切れ目から青空ものぞいています。山を登るには快適な気候です。
今日は燕山荘の企画「親子ファミリー登山スクール」出発日です。夕べは前泊で何組かのご家族が有明荘にご宿泊いただきました。集合時間には次々と参加するご家族が集まりました。
今回のガイドはエベレスト他8000m峰5座登頂など、数知れない登山経験を持つ登山家の「大蔵喜福(おおくらよしとみ)」氏と燕山荘のスタッフ達です。注意事項を聞いて、いざ、出発! 子供たちはみんなワクワクした顔をしていましたが、むしろお母さんやお父さんの方がちょっと不安気…? 「いってきま~す!」と元気に出発です。
今日は燕山荘に宿泊です。素敵な夏休みの思い出を作れると良いですね。
7時40分みなさん集合です


ガイドは燕山荘スタッフとゲストガイドの登山家の大蔵喜福氏(左)

いざ、出発! 「行ってきま~す!」


8月12日≪涼しい夏体験≫
今日はこの夏最高のお天気ともいえる朝を迎えました。午前7時の気温は15℃と、このところの中では一番冷え込みましたがこれは、日中暑くなる前兆…すでに11時現在で10℃も気温が上がっています。それでも爽やかな風が心地よく吹き、日陰にさえいれば暑さ知らずの有明荘です。目の前の河原に下りれば、中房川の清流が一層涼しさを演出してくれます。マイナスイオンもたっぷり!暑い里に比べると贅沢極まりないですね。河原には「ソバナ」もひっそりと咲いていました。涼感あふれる有明荘へどうぞ足をお運びください。涼しい夏が待っています。
8月12日の有明荘

近くの河原

中房川の清流 ソバナ


8月13日 ≪月見風呂≫
真夏の有明荘は宿泊されるほとんどが燕岳を目指す登山者です。みなさん朝早く出発されるので、夜9時といえば寝床につく方が多く、館内はひっそりとしています。
当然夜遅くお風呂に入る方も少ない訳でして…夜の露天風呂は独り占めできる事が多いのです。
下の写真は昨夜10時頃の露天風呂です。写真に撮ると、外灯の明かりが緑色に写り、ちょっと幻想的♡ そして、今月は明日14日が満月ですが、昨夜も肉眼ではほぼ満丸に近い月が見られました。残念ながら、女子露天風呂では、温泉につかりながら眺めることはできませんでしたが、洗い場からはくっきりとお月さまが!※写真ではボケてしまいましたが、くっきりみえました(^-^;)
おそらく男子露天風呂なら湯船につかりながら見えたのではないでしょうか。「月見風呂」…いいですねぇ~こんな月夜に露天風呂を独り占めなんて、極楽♡ 極楽♡ 「月見風呂」…みなさんもいかがですか?


8月14日 ≪時代の痕跡≫
「昔、来た時、玄関先で温泉玉子を茹でた思い出があるのだけど…ここ(有明荘)じゃなかったかしら?」と、問いかけられる事がよくあります。
はい、その記憶に間違いはありません。十何年前の事なのかはわかりませんが、確かに玄関前の庭先には温泉玉子を茹でる場所があったと伝え聞いています。そこには熱い源泉が引かれていたそうです。残念ながら、今はお湯も止められ、玉子を茹でる事はできません。しかし、実はその痕跡は今でも庭の片隅に残っているのです。それが下の写真です。草に覆われてしまっていますが、石で組まれた「茹で場所」と思われる石積みがしっかりと残っています。おそらく、その昔、ここで温泉玉子を作っていたのでしょう。
色々な事情があって、埋められてしまったのでしょうが、その頃はきっとみんなで楽しく玉子を茹でていたのだろうな…と、思うと残念な気がします。思い出をたどって有明荘に来る方は少なくありません。
「学生の頃、学校登山で来た事があってねぇ…」「若い頃、燕岳に登った帰りに寄った記憶があるよ」と色々な思いを寄せて何十年か振りに訪れ、昔を懐かしんでいらっしゃいます。建物も変わり、雰囲気も時代とともに変わってきていますが、誰もが「色々変わったけど、温泉の良さは昔と同じ…いいお湯だね!」と口にします。
庭の片隅に残る昔の良き思い出は、温泉のお湯と同じように、このままずっと残しておいて欲しい…と、個人的には思います。


8月15日 ≪滝を見に行きましょう≫
今日は曇りがちながら安定したお天気でした。お盆休みも終わりに近付き、今日は下山のお客様にたくさんお越しいただきました。
涼を求めて里からいらっしゃる方も大勢いらしゃいました。「近くにちょっと遊びに行ける所はありますか?」とよく聞かれるのですが、おすすめは有明荘より歩いて10分程の場所にある「たる沢の滝」です。木々に囲まれた自然そのままの姿は美しく跳ね返ってくる水しぶきでマイナスイオンたっぷり!今は「クサボタン」がたくさん咲いています。
ご宿泊のお客様を対象に朝6時30分集合のスタッフ同行「たる沢の早朝散歩」を行っております。お申し込みは前日(ご到着日)の午後6時までとなっております。スタッフとおしゃべりしながら朝の散歩をお楽しみください。
たる沢の滝 クサボタン

有明荘ブログ「有明荘便り」は毎日更新を目指し、頑張っています。
最新の情報や状況はブログで紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また、時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ