まとめて一週間「ブログ有明荘便り」
2011年6月21日~27日編


このページでは、有明荘ブログ「有明荘便り」をまとめてご紹介しています。


6月21日≪活躍中!≫
今日は有明荘で活躍中のサービススタッフ2人を紹介したいと思います。
まずは主にお食事処「あづみ野」を担当する大阪府出身「中尾知江」です。細やかな気遣いと、とびきりの笑顔が魅力です。中尾「長野県の水や山の景色が好きです。従業員の食事がとても美味しくてしあわせ太り中です。お料理がとてもおいしいので、是非いらして下さい。お待ちしています。」
続いての紹介するのは主にフロントを担当する安曇野市出身「丸田和紘」です。ちょっとはにかんだ笑顔が初々しい20歳の新鋭!ニックネームは丸ちゃんです。丸田「緑に囲まれ、沢の水音に包まれる有明荘。その爽やかさ、癒しパワーは素晴らしいです!近くに来られましたら、お立ち寄りください。」
気さくなスタッフが揃う有明荘…お越しの際はお気軽に声をおかけください。
中尾知江(なかおちえ) 丸田和紘(まるたかずひろ)


6月22日 ≪青空≫
気持ちよく晴れました!抜けるような青空と緑がマッチして、とてもきれいです。
こんな日は、この時期お決まりの「ペンキ塗り」! 玄関前のベンチを塗り直します。もうすぐやって来る夏に向けて、作業は進みます。このベンチのある玄関前は夏になると風が通り、有明荘の敷地内では一番気持ちの良い場所になります。今年の夏も暑くなりそうです。標高の高い有明荘で自然の涼しい夏を過ごしてみませんか?
6月22日の有明荘 作業しているのは丸ちゃん


6月23日 ≪物想ひ≫
昨日とはうってかわって雨降りです。登山や行楽には不向きかもしれませんが、水を得て生き生きと艶めく山の植物と物言わぬ会話を交わしながら、しっとりと温泉宿で物思いに耽るのもまた一興ではないでしょうか。
「五月雨に 物思ひをれば 郭公 夜深く鳴きて いづち行くらむ」(紀友則・古今和歌集)
有明荘でホトトギスの声を聞いたことはないですけどね・・・


6月24日≪燕山荘90周年記念写真集販売中≫
朝から風が強く、雨も降ったり止んだりで一日中落ち着かない天気でした。こんな日は、部屋の中で読書がおすすめ。そこでおすすめの写真集をご紹介いたします。
燕山荘90周年を記念して発行された写真集「燕岳~四季へのいざない」です。山岳写真家・岩橋崇至(いわはしたかし)氏が燕岳の魅力を存分に見せてくれます。こちらの写真集は有明荘売店でも販売しております。しかも、岩橋氏がここ有明荘にいらっしゃった際に、直筆サインを入れていただいた価値ある一冊です。花崗岩峰が林立する個性的な燕岳の四季を美しく語りかけます。また、コマクサに代表される高山に咲く花や、夜の写真など見ごたえ十分です。燕山荘90周年記念写真集なので、燕山荘の歴史に触れることもできます。なお、燕山荘90周年記念写真集「燕岳~四季へのいざない」の岩橋崇至氏の写真展も7月14日から銀座・梅田・仙台・福岡で開催されます。
日程等詳しくはこちらから←クリック  写真展へも是非足をお運びください。
「燕岳~四季へのいざない」

直筆サイン入りです

燕岳の色々な表情が写し出されています 燕山荘の歴史


6月25日 ≪有明山情報≫
今日は、昨日スタッフが登頂してきた有明山の情報をお伝えします。
有明山の登山口は有明荘のすぐ裏にあります。(その他にもいくつか登山口があります)
しばらくは笹ヤブが続きますが、先日も登山案内人組合の方に整備していただいたおかげでヤブをかき分けるようなこともなく快適に進めます。いきなり急な坂を登り、さらに鎖場、ロープ登り、ハシゴなど次々出てきます。一枚目の写真はハシゴと鎖場が連続しているところを見下ろして撮影したものです。難所続きでこの先いったいどうなることか?!と思うのですが、落ち着いて進めばさほど危険もなさそうですし、登りの後半は上り下りを繰り返しながら楽に進めました。ただし、所々道を見失いそうな場所があります。「?」と思ったら赤い目印を探しましょう。(迷いそうな場所には必ず目印がありました)
登山道途中のハシゴ場


山頂の祠


約4時間で山頂の祠に到着しました。少し曇っていましたが、安曇野の景色がきれいです。振り返ると燕岳方面の山々も見渡せます。
山頂から安曇野方面を望む


山頂からの燕岳方面


4合目付近のシャクナゲ群生地はもう花の時期を終えていましたが、頂上では見ごろを迎えていました。道中ではイワカガミがたくさん咲いていました。
急坂を下山するのはひと苦労。登山道に木の根が出ている場所も多く何度か滑りました。今まで「登り4時間半、下り3時間」と案内していましたが、「登り4時間半、下り3時間半」とご案内したほうがいいかも・・・などと考えているうちに無事に有明荘まで帰りつきました。
山頂付近のシャクナゲ

途中見かけたイワカガミ

コースタイムについてはよくご質問を受けるのですが、急坂やロープ登りなどは個人差が大きく出そうですし、すれ違いが多いときはハシゴで通過待ちをすることもありそうです。時間には余裕を持って計画されたほうがよいと思います。
有明荘の朝食は7時からですが、早立ちのお客様は、前の晩にお渡しするお弁当にも変えられますのでご検討ください。そして、下山後のお風呂は最高です^^(レポート・写真:西田)


6月26日≪全国的「露天風呂の日」≫
有明荘では毎月26日を「風呂の日」として入浴料半額でご利用いただいておりますが、今日は6月26日、カレンダー上でも全国的な「露天風呂の日」です。今日も雨の中、たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。「風呂の日」には無料の「振る舞い汁」も楽しんでいただいています。今月は信州の郷土料理ともいえる「鯖と竹の子の汁」でした。お近くから見えたご家族も、燕岳から下山して来た皆様もみ~んなこの笑顔!来月もお楽しみに!


6月27日≪穂高ビール金賞受賞!≫
6月も終わりに近づき、夏の足音が聞こえ始めました。
夏といえば生ビール! この度、有明荘で取り扱っている地ビール「穂高ビール/アルト」が地ビールのコンテスト「ジャパン・アジア・ビアカップ2011」(日本地ビール協会主催)で金賞を受賞しました! 国内55社、144品種の応募の中、初出品での受賞です。地元の新聞「市民タイムス」でもこの受賞を大きくとりあげました。有明荘で取り扱っている「アルトビール」は、赤褐色でカラメル麦芽の甘い香りと麦芽の苦みが調和している点が評価されたとのことです。
有明荘へお越しの際は是非この金賞ビール「穂高ビール/アルト」をご賞味ください。スタッフも一押しの生ビールです!
地元新聞「市民タイムス」の記事

「美味しい地ビールいかがですか?」
スタッフ高橋沙矢加

有明荘ブログ「有明荘便り」は毎日更新を目指し、頑張っています。
最新の情報や状況はブログで紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また、時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ