まとめて一週間「ブログ有明荘便り」
2010年11月23日~最終編


このページでは、有明荘ブログ「有明荘便り」をまとめてご紹介しています。

11月23日≪お世話になりました!≫
とうとう今シーズンの営業最終日となりました。今朝チェックアウトされた千葉県の深瀬様です。今シーズン最後のご宿泊のお客様で、シーズン中10泊以上していただいた大常連様でもありますので支配人から記念にお花を贈呈いたしました。午後4時3分、中房線乗合バスの今シーズン最終便が有明荘前を出発。なぜか敬礼ポーズの支配人とともに。今年もご宿泊・日帰りのお客様はもちろん、業者の方や関係各所の方々にもたいへんお世話になり営業終了日を迎えることができました。また、このブログを読んでいただいた方の累計も
ナント2万を超え、とても日々の仕事の励みになりました。誠にありがとうございました。このあと数日片づけをして私たちも撤収いたします。来シーズンのご予約受付は3月1日から、営業は4月22日からの予定です。来期もどうぞよろしくお願いいたします。
深瀬様ご夫妻 最終バスを見送る支配人

11月24日 ≪小屋締め作業中≫
起きてみると、うっすらと幻想的な雪景色…。小屋締め気分を盛り上げる初冬の風景が広がっていました。今日から本格的に小屋締め作業に入りました。外では男性陣が窓に戸を入れたり、露天風呂のヨシズを外したりと、寒い中、作業をしています。厨房では大掃除の真っ最中!売店の商品も片付けます。我々スタッフ同様、ひとシーズン頑張ってくれた建物や施設に感謝し、また来春、無事に営業開始できるよう、気持ちを込めて作業は黙々と進みます。明日の午後にはスタッフも下山し、皆それぞれ別の生活が始まります。今日、明日とあと2日…色々な思いをもって仕事にあたります。
すぐそこまで雪が…

シャッターが閉じられます

大掃除中 ガランとした売店

11月25日 ≪また来年お目にかかりましょう!≫
今日はスタッフの下山日です。現地の様子をお伝えするのは今日が最後となります。午後1時にはほとんどの作業が終了し、ひっそりとした有明荘の姿がありました。「来年の春、また会おうね…」と、別れを告げて皆、下山を始めます。今シーズンもたくさんのお客様にご利用いただきました。また、来春皆さんにお目にかかれる日を楽しみにしています!


スタッフの≪お客様に頂いて嬉しかった言葉≫総集編
今期もたくさんのお客様にご利用いただきまして、ありがとうございました。最後に、今期お客様から頂いた心に残る言葉や嬉しかった一言、またお客様へのメッセージなどスタッフに聞いてみました。
①担当部署/氏名(生年月日)
②出身地または在住地
③有明荘勤務年数
④この冬はどう過ごしますか?
⑤お客様に頂いて嬉しかった言葉は?
⑥お客様へメッセージをお願いします。

①フロントスタッフ/西田隆裕(1971年1月10日生)
②長野県安曇野市在住(滋賀県出身)
③有明荘勤務年数 4年
④キリマンジャロ登頂の予定
⑤「ブログ見ていますよ!話題にひとひねり加えて記事にしてあるのがいいですねぇ。」
(※今期ブログを担当していました)
⑥有明荘は毎年楽しいスタッフと楽しいお客様が集まる不思議なところ。
『笑顔』が足らなくなったら有明荘へ!
①フロントスタッフ/滝口恒輝(1984年6月16日生)
②宮城県白石市出身
③有明荘勤務年数 4年
④未定です。
⑤「館内がいつもキレイだね。お風呂が気持ち良い!」
(※掃除を担当することが多かったので…)
⑥有明荘は自然に囲まれていて四季の変化を感じながら毎日を過ごせる所です。特に5月中旬からの新緑はとても綺麗です。是非いらして下さい。

①フロントスタッフ/江口由香理(1975年10月9日生)
②千葉県八千代市出身
③有明荘勤務年数 1年半
④仕事、仕事、仕事…
⑤「国民宿舎の中では、対応も料理もトップクラスだね。」
⑥川のせせらぎ、マイナスイオンたっぷりの森林、芯から温まる有明荘の温泉で心も身体も癒されに来てください。今シーズンもご利用いただいて、ありがとうございました!
①ホールスタッフ/浅川 博(1961年9月19日生)
②大阪府大阪市出身(USJのとなり)
③有明荘勤務年数 4ヶ月
④ビンボウ暇なし
⑤「君の接客いいねぇ~!」
「美味しい料理、ありがとう…(接客は?)」
⑥有明荘は山あいの宿です。周りに何もない所ですが、温泉も良し、料理良し、サービス良し!来て損ではありません。是非、心が乾いていたら安曇野・有明荘へお越しください!

①設備/平林 千明(1957年8月22日生)
②長野県安曇野市出身
③有明荘勤務年数 11年
④里山整備、薪割り
⑤「温泉最高ダネ!!」
⑥また寄って風呂入ってきマショ!!有明荘の風呂は温まるジィ~(安曇野方言)。お客様ありがとうございました!
①ホールスタッフ/三浦 舞(1983年12月20日生)
②北海道札幌市出身
③有明荘勤務年数 2ヶ月(大天荘など燕山荘グループは4年目)
④家族サービス
⑤『大天井』の名前の読み方・由来を尋ねられたので答えたら「よく勉強されていますね。とてもわかりやすかったです。」と言われたこと。
⑥上の山小屋で働いていた私にとって有明荘は、上山前は「不安を和らげてくれる場所」、下山後は「山と離れる淋しさを和らげてくれる場所」です。和らげたい、ほぐしたい、解消したい何かお持ちの方は是非お越しください。

①厨房スタッフ/森屋 佳代子(2月生)
②東京都出身
③有明荘勤務年数 2年
④東京で充電します。
⑤「美味しかった」と満面の笑みで言って下さった時。
⑥デジタル社会に疲れた心をたっぷり癒す事が出来ます。≪何もない≫良さが発見できます!
①ホールスタッフ/松下和昭(1978年12月4日生)
②京都府長岡京市出身(長野県安曇野市在住)
③有明荘勤務年数 2年
④年越しは燕山荘。あとは勉強と仕事。
⑤リピーターの方の「また、来るよ!」と言われた言葉
⑥信州屈指の露天風呂で星を見ながらゆったりと…。有明荘は、穂高の街から40分で来られる時間がゆっくり流れる癒しの場です。来年も笑顔あふれる有明荘へ是非お越しください。

①厨房スタッフ/斎藤 正裕(1971年4月14日生)
②兵庫県神戸市出身
③有明荘勤務年数 2年
④冬眠?
⑤やっぱり「おいしかった」の一言ですね~!
⑥自然と温泉と料理を楽しんでください。
①フロントスタッフ/猪股ひろみ(1960年9月29日生)
②千葉県鴨川市出身(長野県松本市在住)
③有明荘勤務年数 8年
④東南アジアの暑い国で冬眠(?)しています。
⑤「何でもないことばかりなのに、とても贅沢な気分で過ごさせていただきました、ありがとう。」と、お客様から頂いたお礼の言葉。
⑥今シーズンもご利用いただき、ありがとうございました!いつ訪れても、その季節が見せる素晴らしい自然を感じる事が出来る場所…そこが有明荘です。そして、その最大の自然の恵みである温泉は、誰もが認める極上の湯です。来シーズンも皆さんのお越しをお待ちいたしております。」

①有明荘支配人/小田 耕一(1949年5月30日生)
②大阪府八尾市出身
③有明荘勤務年数 9年
④脊柱間狭窄症と椎間板ヘルニアのよる坐骨神経痛との戦い。調子良ければ、スキーと文楽観賞と家族のための料理研究と日本酒の勉強に明け暮れたいです(要するに食べ歩き・飲み歩き)。
⑤「いつもホームページ見ていますよ。写真よりお若いですね!」と、女性のお客様に言われた時。
⑥是非、連泊してください。料理が二泊目、三泊目とだんだんグレードアップしていきます。それに『何もない贅沢』(ヒマな時間)を思い切り満喫できて心身ともにリフレッシュ出来ること間違いないです!



また、来春お目にかかりましょう! ありがとうございました!

今シーズンは「まとめて一週間ブログ有明荘便り」をご覧いただいて、ありがとうございました。
昨年までは「最新情報」として1週間に1度の更新でした。今シーズンはブログを始めたことで、毎日タイムリーな情報をお伝えして参りましたが、如何だったでしょうか?毎日更新は思っていた以上に苦労は多かったのですが、お越しいただいた皆様から「HP見ていますよ」「毎日、楽しみにしています」と、声をかけていただくその言葉に励まされて、発信し続けられたような気がします。≪今週のお客様≫や≪今週の山ガール≫コーナーに快く応じていただいた皆様はじめ、写真撮影にご協力いただいた皆様には心より感謝申し上げます。
来シーズンも皆様と一緒に楽しい「有明荘便り」を作っていきたいと考えておりますので、また来春、このページでお会いできる日を楽しみにしています。
本年度も最後までご覧いただいてありがとうございました。
それでは、これをもちまして2010年度の「まとめて一週間ブログ有明荘便り」を終了させていただきます。
来年は4月下旬から再開いたしますので、またよろしくお願いいたします。
皆様、お元気で冬をお過ごしくださいませ。
ありがとうございました!

■2011年度 有明荘情報
 2011年度は4月22日(金)オープンを予定いたしております。
◆ 営 業 期 間 4月22日(金)~11月23日(水)
◆ 予約受付開始 2011年3月1日(火)午前10時より
◆ 予約受付時間 午前10時~午後5時(月~金曜日)
◆ 受付電話番号 090-2321-9991(代表電話)

来シーズンも皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ