まとめて一週間「ブログ有明荘便り」
2010年5月25日~31日編


このページでは、有明荘ブログ「有明荘便り」をまとめてご紹介しています。

5月25日≪前庭にて≫
庭先のヤマツツジ 昨年6月7日の様子
前庭にある満開のシャクナゲの隣では、ヤマツツジがつぼみを付け始めました。例年に比べ、肌寒い日が続いていますが、有明荘を取り巻く花たちは待ちかねていたように次々に花を付け始めます。5月から6月にかけては新緑も徐々に深い緑に変わり、日を追うごとに違う表情を見せてくれます。自然の素晴らしさとたくましさを感じられる素晴らしい季節です。

5月26日≪ゼラニウム≫
有明荘の窓辺を彩るゼラニウム いまや有明荘のシンボル的な存在です。
いよいよ今年も窓辺を飾るべく、ゼラニウムを運び込みました。有明荘の建物は基本的にシンプルで、華美な装飾がありませんので、これだけでもパッと華やいだ雰囲気になります。われわれスタッフにとっては、この搬入が初夏の風物詩。夏を過ぎ秋が深まるまで、スタッフみんなで大事に育てていきます。

5月27日 ≪満願寺つつじ園≫
栗尾山・満願寺 見事なつつじ園
今日は町へ出かける用事がありましたので、帰りに満願寺つつじ園に立ち寄ってみました。「信濃高野」とも呼ばれる古刹らしいおごそかな雰囲気のある入口。階段を上りきると見事な景色が飛び込んできました。ここはおよそ2,000平方メートルの敷地に約5,000株が植栽されているというつつじ園です。旧穂高町が昭和51年頃に同寺庭園に植樹。市で手入れ管理をしています。まだ3分咲き~4分咲きのようにも思えましたが、それでも十分楽しむことができました。来週あたり満開になるのではないでしょうか。おすすめです!お車で行かれる場合、メイン道路の看板が小さいので見落とさないよう、お気を付けください。階段を上らず直接つつじ園まで車で行くこともできるようでしたが、テクテク歩いて上ったほうが感動は大きい気がします。

5月28日≪ザックザク≫
原木シイタケです。 お宝椎茸
有明荘内の某所で、宝の山を掘り当てました^^。木に生ったシイタケは味が違います。何と言うか、味の「深み」が違う気がします。天候によって成長にばらつきが出ますので定期的にはお出しできないのですが、運が良ければこの時期、売店、もしくはご夕食メニューで「お宝シイタケ」に出会うことができますよ~^^

5月29日≪道直し隊!≫
有明山登山案内人組合のみなさん 有明山のシャクナゲ(昨年5月下旬撮影)
有明山登山案内人組合のみなさんによって、今日は有明登山道の整備が行われました。仕事終わりに有明荘でひとっ風呂。しっかり「道直し」をしといたから安心して登っていいよ、と頼もしいお言葉をいただきました。今日現在、山頂付近に若干の残雪はあるものの、アイゼンは必要ないとのことです。シャクナゲが美しくなるこの季節の有明山もいいものです。ちなみに案内人のみなさんの写真は、有明荘の館内で撮影したものですが、後ろの壁は有明山がモチーフになっています。

5月30日≪ホクホク≫
有明荘名物「温泉ゆでたまご」 燕山荘スタッフもお気に入り
有明荘名物「源泉ゆでたまご」。土・日曜日を中心に数量限定で販売しています。いわゆる「温泉卵」ではなく、源泉のお湯を使って茹でた固ゆでのゆでたまごです。ホクホクした食感が好評で、ときには午前中で売り切れてしまうことも・・・「おいしーい源泉ゆでたまご、よろしくお願いしまーす」ホクホクの笑顔でPRしてくれているのは燕山荘支配人・井村さん(左)と、同じく売店主任・林さんです。きょうは春山登山教室のガイドでお客様とともに下山。一休みしていたところをつかまえて、有明荘のために一肌脱いでもらいました^^ありがとうございます!

≪今週のお客様≫
ニホンザル オオルリ
今週はかわいい来客がありました。
激しい雨の降った24日にはニホンザルの親子(?)が・・・。今後の天気が気になる様子で、時折空を見上げていました。
31日にやって来たのはオオルリです。きれいな青い色!すぐそばまで寄ってもキョロキョロするばかりで逃げません。野の花や鳥に詳しいスタッフに聞いてみるとオオルリだろう、とのことでした。どこか怪我でもしたのか、どうしたものか?と心配していたら数分たってチョコチョコ歩きだしやがて羽ばたいて行きました。窓ガラスにぶつかって脳しんとうを起こしていたのでしょうか・・・?ともあれ、ホッと一安心した晴れた日の朝なのでした。

有明荘ブログ「有明荘便り」は毎日更新を目指し、頑張っています。
最新の情報や状況はブログで紹介しておりますので、是非ご覧ください。
また、時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ