有明荘最新情報
2009.10.20

先週、驚く速さで紅葉が進み、有明荘周辺だけでなく、中房渓谷一帯が見頃に入りました。
その後、強風や雨などの影響で、有明荘周辺のもみじの葉が落ち始めています。
もみじに変わり、カラマツの黄葉が始まりました。

■今週の有明荘

10月18日のバス停前

10月18日の有明荘

赤・黄・緑・青の世界が広がります

毎週お伝えしてきたもみじの様子

皆さん撮影に大忙し

お部屋から見るカラマツ

お食事処「あづみ野」では窓側の席が大人気

男子露天風呂の様子 男子露天風呂から見る紅葉
16日に臨時速報でお伝えしたとおり、今年も素晴らしい紅葉となりました。お越しいただいた皆様は「わぁ~、きれ~い!」「すごい!真っ赤だ!」「きれいですねー。」「素敵なところですね。」と口々に、周辺の様子に感激されていました。そして、皆さん、順番待ちで写真撮影です。土曜日はあいにくの雨となり、寒気の南下で標高2000m以上の場所では雪が降りました(有明荘は標高1370mです)。風も強く、せっかくきれいに色付いたもみじの葉をいやおうなしに飛ばしていきました。それでもまだまだ周辺の紅葉はきれいです。カラマツの黄葉が進み始めたことで、全体に黄色味の強い光景に変わってきました。
今週は、有明荘から下る中房沿線の紅葉がピークを迎えます。道路が狭く、ゆっくり車を止めておく場所がほとんどありませんので、お車の運転手さんは、紅葉に見とれて運転を誤らないようお気をつけください。

この秋~冬のスタッフ
フロントスタッフ
「お客様の笑顔が私達の元気のもとです。」


ホールスタッフ
「楽しいお食事時間を過ごしていただけたら幸いです。」

厨房スタッフ
「心を込めて料理に取り組んでいます」

燕山荘グループ旅行会社・天渓(テンケイ)
赤沼敏治

秋の紅葉シーズンはスタッフも大忙しです。それでも、遠い道のりをお越しいただいたお客様に、出来る限り楽しい思い出を残していただきたいと皆笑顔で頑張っています。有明荘にお越しの際は「ホームページ見ましたよ。」と、お気軽に声をおかけください。
最後の写真は、有明荘のスタッフではありません。燕山荘グループ旅行会社・天渓(テンケイ)代表の赤沼敏治です。(※天渓は燕山荘グループの旅行会社です。海外トレッキングを中心に多くの海外ツアーを手がけています。有明荘も燕山荘グループです。)
今回は「天渓」のツアーに参加された皆様が思い出会を兼ねて、有明荘をご利用いただき、翌日は元気に燕岳目指して出発されました。「天渓」では、ツール・ド・モンブランやカナディアン・ロッキー、マチュピチュ遺跡、ネパール・ヒマラヤなど色々なツアーを企画いたしております。過去のツアーの様子などはHPでご覧いただけますので、海外トレッキングに興味のある方は是非アクセスしてみてください。
「天渓」のホームページは こちら⇒ 
北アルプスの山小屋「燕山荘」のホームページは こちら⇒ 


今週のお客様
横山様(新潟県/北海道) 横本様(兵庫県)
お父様は長岡市から、息子様は札幌からお越しいただいた横山様は、親孝行の旅でしょうか。今回は2連泊していただきました。お二人ともやさしい方で、息子様は「有明荘のホームページ、いつも見ていますよ。」お父様は「来年はバスで来ます。」とおっしゃっていました。また、来年度、お目にかかれる日を楽しみにしています。
横本様は、テレビ放映をご覧になってご来荘いただきました。「今日は、岐阜県の恵那峡から天竜下りを楽しんで帰ります。」とのこと。電車・バスを利用して、のんびり信州を旅していらっしゃるようです。
ご利用ありがとうございました。またのお越しをお待ちいたしております。

松見様(熊本県) 岡村様(千葉県)
「ホームページ、見ていますよ。」とおっしゃっていただいたのは熊本市からお越しの松見様ご家族です。とても元気なお子様達で、九州男児の一端が見えたようです。遠い安曇野までお越しいただき、ありがとうございました。
千葉県からお越しいただいたのは、岡村様ご家族です。とても元気でお行儀の良いお子様を中心に、うらやましいくらい仲の良いご家族です。「岡村様のような家庭が理想だなぁ・・・」と、ため息をつくスタッフもいました。
ご利用ありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申し上げます。


■今週の安曇野市街

常念岳と道祖神
道祖神は村の守り神として、五穀豊穣・無病息災・子孫繁栄を祈願し、村の中心や辻、三叉路に立っています。信州・安曇野は道祖神のメッカで、安曇野・大町を含めると約900体もの道祖神が散在しているといわれ、特に安曇野では男神・女神か並んでいる双体道祖神が多いことで有名です。その中で珍しい道祖神を見つけました。安曇野市内穂高柏原塚原にあります。


■支配人小田の気まぐれ信州ドライブ
有明荘の支配人・小田は大阪府出身です。山が大好きで、自然に囲まれた場所で働きたいと安曇野へやってきました。そして休暇となればあちこちに出かけ、信州を満喫しています。その支配人が「気まぐれ信州ドライブ」として、信州の名所や隠れた観光スポットを紹介いたします。皆様も有明荘への行き帰りに立ち寄られてはいかがでしょうか?
第3回は、長野県下高井郡山ノ内町にある「地獄谷温泉」と、人気の高い「黒部ダム」です。

「地獄谷温泉」
地獄谷温泉・後楽館

地獄谷温泉の間欠泉

地獄谷野猿公苑 「う~ん、気持ちいい~。」
世界で唯一の猿専用露天風呂があり、湯浴みをする可愛らしい猿たちを見ることができることで有名な地獄谷温泉です。ここの猿は人に慣れていて、静かに見ていれば、いたずらされる事はありません。
しかし、人も猿もやっぱり温泉は気持ちいいものなんですねぇ。

地獄谷野猿公苑のHPは  こちら⇒ 


「黒部ダム」
人気の高い「黒部ダム」

トロリーバスで出発

堤頂長492m

高さ186mは国内一位

噂の「ダムカレー」

湖上からも楽しめます

紅葉も進んでいました  扇沢駐車場
10月13日、有明荘から観光に出かけるお客様に人気のある「黒部ダム」へ行って来ました。大町の扇沢駅からトロリーバス(※)に乗り、約15分で黒部ダムに着きます。ダムにある「くろよん記念室」では、黒部ダム建設の苦闘と感動ドラマを三面マルチ映像で上映されています。この日は小雨模様でしたが、天気が良ければ、黒部湖遊覧船「ガルベ」で湖上から壮大な黒部渓谷を満喫するのもお勧めです。
黒部ダム観光の記念に黒部ダムを再現した「ダムカレー」を食べました。このダムカレーは、黒部ダムレストハウスや扇沢駅の「レストラン扇沢」をはじめ、大町市内のホテルや飲食店でも提供しています。お店によって形や味は様々です。「ダムカレー」の食べ歩きもお勧めです。
ダムから見た下の廊下方面もだいぶ色付いていました。
扇沢には無料の駐車場と有料駐車場があり、無料の駐車場から埋まっていきます。
残念ながら今年度のダム観光放水期間は10月15日をもって終了しています。

※ トロリーバスは普通のバスとは違って、ガソリンではなく電気を動力として走ります、それにこのトロリーバス、実は鉄道の一種として区分されているというユニークな乗り物なのです。

黒部ダムオフィシャルサイトは  こちら⇒ 


<近郊イベント情報>
近郊で今後開催されるイベントをご紹介しています。有明荘ご宿泊前後の観光のご参考になれば幸いです。

■塩尻ワイナリーフェスタ2009
長野県のほぼ中央、自然豊かな塩尻市は、晴天が多く、乾燥し、昼夜の気温差が大きい土地柄、ブドウ栽培が盛んに行われ、早くからワイン醸造が行われてきました。塩尻ワインの歴史はすでに100年を超え、今や塩尻ワインは数々のワインコンクールでも入賞する世界的にも認められる銘柄へとなっています。そんな塩尻市のワイナリーを巡るイベントが開催されます。「塩尻ワイナリーフェスタ2009」は、塩尻市内の参加ワイナリー(7箇所)をバスで巡り、様々なワインを味わうイベントです。今年の新酒やおすすめワインなど、各ワイナリーの個性あふれるワインの数々を試飲し、購入することができます。毎年大変好評なワインのイベントです。

○開催日時 10月24日(土)、25日(日)
○時間    午前10時~午後4時(※シャトルバス最終乗車時刻は午後3時)
○会場・受付  JR塩尻駅ワインステーション、塩尻市内参加ワイナリー各所
○お問合せ   塩尻市観光課  TEL 0263-52-2001
関連リンクは  こちら→ 


ご好評いただいている「手荷物無料預かり(6:00~)」は今年度も引き続き承っております。
燕岳や有明山登山の際は、下山後の着替えなどの余分な荷物は持たずに身軽に登りましょう。

有明荘最新情報は、毎週火曜日に更新しています。
時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。


有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ