有明荘最新情報
2009.9.1

空の色も変わり、季節は秋に向かっています。
賑やかだった夏が過ぎ、のんびり静かに温泉を楽しめる季節がやってきました。


■今週の有明荘

8月29日の有明荘

湯量豊富な有明温泉の湯 湯煙立つ女子露天風呂
ふと気付くと、有明荘周辺の木々の緑が少し浅くなり、夏の終わりを告げていました。少しずつ、黄色が強くなって来たような気がします。有明荘周辺の紅葉は10月中旬過ぎに見頃を迎えますが、気の早いモミジがほんのりと赤くなっています。夏が終わり、たくさんの人が押し寄せる紅葉シーズンまでのほんの短い期間は、のんびりゆっくり静かな温泉を楽しめる穏やかな季節です。虫の音を聞きながら、ごゆっくりお過ごしください。

有明荘周辺や中房沿線の花
エゴノキの実

ツルボ

ノコンギク

ハギ

6月に花を咲かせていたエゴノキが実をつけました。この果皮がえごいとは思えぬような可愛い実です。
ツルボはユリ科の植物で、別名を「サンダイガサ」と言い、公卿が宮中に参内するときに従者が差しかけた傘をたたんだ形に似ていた為とも言われているようです。
中房沿線では、ノコンギクやハギがあちこちに咲いています。有明荘裏手のハギも花を咲かせ始めています。いつの間にか、すっかり花も秋の花に変わってきています。

ライダーが増えました
品川ナンバーのハーレー

最年長は85歳のライダーです

女性ライダーもいらっしゃいました

自転車ライダー/松下和昭

秋はバイクでお越しになるお客様が多くなります。先週は有明荘の駐車場に色とりどりのハーレーが勢ぞろい!こちらは東京からお越しいただいた「ハーレーの会」の皆様です。ハーレーが列を成して走る姿は圧巻でしたが、ヘルメットを脱ぐと、中には女性ライダーもいらっしゃいました。そしてなんと最年長の方は85歳!その元気な姿にスタッフもびっくりでした。
安曇野市街から有明荘へ向かう道路・中房線は山道でカーブも多いのですが、バイクツーリングでお越しいただくお客様が決して少なくありません。秋の爽やかな風を切って走るのはさぞかし心地よいのではないかと思います。
最後の写真は、有明荘スタッフの松下和昭です。休憩時間を利用して、天気の良い日はサイクリングを楽しんでいます。「気持ちよく汗をかいて一風呂浴びると、また頑張れるんですよ。」と、中房線のキツイ登りも笑顔で(?)走っています。

日帰り湯ったり「紅葉パック」の予約受付始まりました
有明荘の紅葉(10月下旬)

中房沿線の紅葉

「紅葉パック」の昼食弁当

ご昼食はお食事処「あづみ野」で

休憩利用いただくお部屋

送迎バス

紅葉の美しい季節に合わせて、有明荘では毎年バス送迎付き「日帰り湯ったり紅葉パック」(4名様以上対象)をおこなっておりますが、今年も予約受付が始まりました。入浴はもちろん、休憩には個室をご利用いただき、ご昼食には松花堂弁当をご用意させて頂いております。
お客様のご指定頂いた場所(たとえば、ご自宅・駅・公民館前など)に送迎バスが迎えに参ります。山道の運転が不安だったり、ビールが飲みたいけど、運転だし…など、そんな心配が無く、皆様で楽しんで頂けます。
「お風呂あがりに部屋でゆっくりできるのが良い」「お弁当も美味しい」と、地元のお客様に好評です。送迎地域は安曇野市近郊となりますが、市内の穂高駅などまでお越しいただければ遠方からお越しでもご利用になれます。
中房渓谷の紅葉の中、かけ流し温泉をたっぷりとお楽しみください。

「日帰り湯ったり紅葉パック」
 期間    9月24日(木)~11月7日(土) ※休館日10月13日(火)
 料金    お一人様 3500円(入浴料・送迎料・休憩料・ご昼食代・税込み)
 ご利用時間 午前10時~午後3時
往路 午前9時頃にお迎えの車を手配(1ヶ所にお集まりください)
帰路 有明荘午後3時出発
 送迎対象地域 安曇野市・旧梓川村・池田町・松川村
 ご予約    090-2321-9991(有明荘直通)
受付時間 午前8時~午後6時

新商品のご案内~売店より
無添加自然食「手作りジャム」 900円(260g)

「温泉黒ごませんべい」 
 530円(9枚) 840円(16枚)
ひとつひとつ手作りで無添加自然食のジャムは、「ブルーベリー」「木いちご」「りんご」そしてなんと「つるこけもも」の4種類です。パンやヨーグルトはもちろん、アイスクリームにかけるととっても美味しいです。
黒ごませんべいは、黒ごまの風味豊かなせんべいに甘さひかえめのクリームをサンドしたお菓子で、お茶菓子にもってこいの一品です。売店にて販売中です。

今週のお客様
斉田様(愛知県より) 福井様(東京より)
愛知県犬山市からお越しの斉田様ご夫妻「数年ぶりに来たけど、もう少し若ければ、また燕岳に登ってみたいねぇ。」と、おっしゃっていました。まだまだ、お若いです。是非、挑戦してみてください。
2連泊して頂いたのは、東京からお越しの福井様ご夫妻です。「お料理がおいしくて、この2日間食べ過ぎました!ワインもおいしかったです。」とのお言葉をいただきました。ありがとうございます、調理担当もやりがいを感じるお言葉です。

木村様ご一家(千葉県より)
朝の涼しい空気の中で足湯を楽しまれているのは、千葉県からお越しの木村様ご家族です。「こんな空気のおいしい所にいると、長生きできますね。」と、おっしゃっておりました。

またのお越しをお待ちいたしております。


■今週の安曇野市街

有明山と稲穂


日没の有明山

安曇野市街の田んぼの稲も頭を垂れ始め、収穫の時期がそこまでやってきています。今年もおいしいお米が食べられそうです。
安曇野市街から見ると、今の季節は、ちょうど有明山の肩の辺りに陽が沈みます。美しい台形形をした有明山のシルエットが一段と美しく映える瞬間です。

お堂 D51と有明山
安曇野市内を車で走っていると、鮮やかな色が目に飛び込んできました。お堂の前に植えられた花でしたが、きっと地元の方が植えたのでしょう。そして、またしばらく車を走らせていると、どういう訳か、田んぼの中にSL『D51』が!有明山をバックに堂々とその雄姿を見せていました。聞くところによると、ある建設会社様が旧国鉄より寄贈されたものであるようです。どなたでもご覧になれますので、鉄道ファンの方は是非訪れてみてください。
ただ車を走らせているだけでも、色々な発見がある楽しい安曇野です。


安曇野観光を支える人たち(連載第3回)
光と水と緑の安曇野は、観光スポットとして多くの方の注目を集めています。
そこには安曇野観光の魅力を影で支える色々な方々の存在と努力があります。
そんな安曇野観光に携わる方々から皆様へのメッセージを頂戴して参りましたので、ご紹介させていただきます。

第3回は、国営アルプスあづみの公園様です。

国営アルプスあづみの公園
(右)業務課長 内田利幸様 
(左)総務課長 小熊崇様
国営アルプスあづみの公園テーマ展示館

『国営アルプスあづみの公園は「自然と文化に抱かれた豊かな自由時間活動の実現」をテーマにした、信州安曇野の恵まれた自然環境を活かした緑豊かな公園で、安曇野にふさわしい花や木の育成にも力を注いでおります。
テーマ展示館では、観覧室(大型スクリーン)や理科教室、芸術教室、社会科教室等で直接安曇野の文化や歴史を体験を交えて学んで頂くことが出来ます。
また、「親子の田園体験教室」では5月の田植えから始まり、草取り遊び、そば畑の種まき、バッタ採り、綿摘み等々、色んな体験教室があり、秋の稲刈り、脱穀まで毎月楽しいイベントがいっぱいです。是非、親子で土にふれあって農業の素晴らしさを体験してください。地元の人達が協力してくれています。
信州全域を紹介したインフォメーションもございます。是非、ご利用ください。』
国営アルプスあづみの公園 業務課長/内田利幸様

国営アルプスあづみの公園のHPは  こちらから⇒  


<近郊イベント情報>
近郊で今後開催されるイベントをご紹介しています。有明荘ご宿泊前後の観光のご参考になれば幸いです。
佐久高原コスモスまつり
佐久市内の国道254号線、通称「コスモス街道」沿線で、湯茶のサービス、寺社の特別拝観、農産物の即売など様々な催しがあります。
○開催日時 9月5日(土)~23日(水)
○場所    佐久市コスモス街道沿線およびコスモス広場他
関連リンクは こちら→  


窪田孟恒 あんず染織展
麻績村の和風ギャラリー「信濃観月苑」にて。入場料は300円です。
○開催日時 8月29日(土)~9月6日(日)
○場所    長野県筑摩郡麻績村 信濃観月苑   
関連リンクは こちら→ 



ご好評いただいている「手荷物無料預かり(6:00~)」は今年度も引き続き承っております。
燕岳や有明山登山の際は、下山後の着替えなどの余分な荷物は持たずに身軽に登りましょう。

有明荘最新情報は、毎週火曜日に更新しています。
時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。


有明荘最新情報のページへ

有明荘トップへ

燕山荘トップへ