有明荘最新情報
2007.11.20更新

小春日和の暖かい陽射しが降り注ぐ日、雪のちらつく風情ある日、
天候がめまぐるしく変わります。
氷点下の朝を迎える日も多くなり、温泉がますます恋しい季節となりました。
<安曇野の風景>

安曇野市内の紅葉も終盤にさしかかり、市内から眺める常念岳も冬の衣を付け始めました。
春の残雪とは違う荘厳さに見惚れてしまいます。
<有明荘の今>
11月17日の有明荘 11月19日朝の有明荘
11月19日朝のバス停前 湯煙立つ露天風呂
有明荘の窓辺を彩っていたゼラニウムは霜の便りとともに今シーズンの仕事を終え、ちょっと寂しくなりましたが、天気の良い日は葉を落としたカラマツの小枝が地面にきれいな模様を映し出してくれます。雪の降った翌日は霧氷に包まれた木々が幻想的な風景を見せてくれます。露天風呂からは湯煙が立ち上り、初冬のしっとりとした雰囲気を味わえます。
※ 中房線道路は気温や天候で日々状況が変化いたします。すっかり雪がない事もありますし、積雪に見舞われることもあります。特に朝夕は凍結の恐れがありますので、タイヤチェーン携行をおすすめ致します。道路状況についてはお電話でご確認頂ければ幸いです。また中房線乗合バスも11月25日まで運行致しておりますのでご利用下さい。
<冬の足音>
11月16日、19日に雪が降りました。16日の雪は2時間足らずで止んでしまいましたが、それでも気温の低さが手伝って一瞬でしたがこんなに素敵な風景を見せてくれました。
<落葉清掃>
11月16日、中房線道路愛護会の方々による落葉清掃が行われました。当日は寒く、作業にあたった方はご苦労なさったと思いますが、皆さんのお陰で中房線の落葉が片付けられました。作業終了後には待っていたかのように雪が降り出し、きれいになった道路にうっすらと降り積もりました。
毎年のことながらこうして道路を護っていただける方々に感謝致します…ありがとうございました。

<今シーズンもありがとうございました>
今シーズンの営業もあとわずかとなりました。シーズンの終わりに今回は有明荘によくみえるお客様のショットを集めてみました。ほんの一部の方々ですが、毎月必ず御宿泊いただく方、毎週必ず温泉を楽しみにこられるツワモノ方を始め、何年も毎年いらっしゃる方など色々です。営業もあと5日ですが、この5日間にはまだまだたくさんの有明荘ファンの方々がお見えになります。
毎月必ず御連泊頂く「木村様、水野様ご姉妹」昨年に引続き、今シーズンも一番多くご宿泊いただきました。今週もお待ち致しております。 遠距離日帰り入浴最多来荘は東京から毎週末欠かさずお越しいただいた「坪井様ご夫妻」です。昨年は旦那様にご登場いただいたので、今回は奥様の写真です。最終日もお待ち致しております。
岐阜県中津川市から毎週日帰り入浴に来られたのは「松嶋様ご家族」です。お隣・岐阜県とはいっても片道3時間近くかかる道のりを毎週来て頂きました。また春にお目にかかりましょう! こちらは毎週月曜日に必ずいらっしゃった「北谷様ご夫妻」です。北谷様の顔を見ると「あ、今日は月曜日だ」とスタッフが思うほど月曜日の顔になっていました。来春も地ビールを用意してお待ち致しております
自転車での来荘一番は何度か登場していただいた「吉田様」です。下る時に風を切るから、と温泉に入らないまま帰るのが常でしたので、今度は是非お泊りでお越し下さい。 こちらは岐阜県からお越しの「大野様」です。「一度温泉旅館で働いてみたいんですよー」といつも元気一杯の笑顔が素敵な女性です。有明荘は来春もスタッフを募集いたします。
燕岳登山の際には必ずお泊り頂く「石橋様、大金様」です。春・夏・秋といつも良い時期にお越しいただいています。来春も馬刺しを用意してお待ち致しております。 いつも楽しく元気なのは「黒田ご一行様」です。こちらも毎回燕岳登山の際にはご利用いただいております。下山後の焼酎と馬刺し…来シーズンも用意してお待ち致しております。
今シーズンもたくさんのお客様に囲まれ私達スタッフも楽しく仕事をさせて頂きました。冬期閉鎖が間近となり寂しい限りですが、あと数日まだまだ有明荘は皆さんのお越しをお待ち致しております。シーズン最後の温泉を楽しみに是非足をお運び下さい。

※ 有明荘は11月24日(土)ご宿泊まで営業いたしております。JR穂高駅からの中房線乗合バスは11月25日(日)まで運行されます。

※ 中房線は路面凍結や降雪に注意が必要な時期です。タイヤチェーンなどの装備が必要となる場合がございますので道路状況については電話でご確認いただくようにお願いいたします。

ご好評いただいている「手荷物無料預かり(6:00〜)」は今年度も引き続き承っております。
燕岳や有明山登山の際は、下山後の着替えなど余分な荷物は持たずに身軽に登りましょう。
有明荘最新情報は、毎週火曜日に更新しています。
時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘に戻る

燕山荘トップへ