有明荘最新情報
2007.10.23更新

中房渓谷の紅葉が日に日に進んできました。
有明荘庭のもみじも真赤に染まり、秋の青い空とのコントラストは見事です。
日中の気温も低くなり、天然温泉の醍醐味を感じる最高の季節です。
〈紅葉/見頃を迎えています〉

10月20日の有明荘
秋の青い空ともみじの赤は、絵に描いたような色彩で私達の目を楽しませてくれます。
〈紅葉情報〉
有明荘庭の紅葉途中のもみじ 有明荘庭の真赤に色付いたもみじ
約2km下地点 約2km下地点
5月に撮影した山桜 左の写真の山桜の今の様子
5km下の「力水」付近 5km下の「力水」付近
5km下の「力水」付近 10km下あたりから見上げる山肌
気温の低い日が続き、一気に紅葉が中房渓谷を彩り始めました。有明荘に向かう一本道となる中房線入口あたりから見上げる山の斜面も色付き、途中「玉垂トンネル」「観音峠」と登って行くと徐々に色が増しはじめ、「力水」周辺から見る渓谷や山肌は見頃を迎えています。紅葉前線は13kmに及ぶ中房線を下り始めました。今週は晴れる日も多いとの天気予報…紅葉のトンネルを抜ければ、有明温泉の極上の湯が待っています。
〈北アルプス初冠雪〉
常念岳・横通岳などの稜線は真っ白に 中房沿線から見る稜線
19日、今季一番の寒気が入り、本格的な雪となった北アルプス。翌朝、ガスが晴れると雪化粧した北アルプスの見事な稜線が姿を現しました。燕岳でも30cm〜40cmの積雪を記録しました。この時期は登山道の様子も変化が激しくなりますので、登山道情報は最寄の山小屋へ確認してからお出かけください。
〈紅葉を見ながら…〉
有明荘食事処「あづみ野」はガラス越しに風景を楽しめる自慢の食堂です。特にこの時期は庭のもみじを見ながら暖かい室内でゆっくりお食事を楽しむ方が多く訪れます。美しい紅葉を楽しんで頂くためにスタッフは窓ガラス拭きに精を出します。
〈光の芸術〉
秋のやさしい陽射しは木々の間を縫って芸術的な風景を演出してくれます。この時期、山に囲まれた有明荘は午後2時になると太陽が山に隠れてしまうので、貴重な陽射しです。
〈風を切って〉
自転車での来荘最多? バイクツーリングは楽しそうです。
秋を迎えた安曇野はバイクツーリングやサイクリングに絶好の季節です。紅葉シーズンを迎え、有明荘にもバイクで来る方が多くなりました。さすがにきつい山道を自転車で来る方は稀ですが、何度も来ていただいているのは5月8日の最新情報にも登場して頂いた吉田さんです。「有明荘まであと1kmあたりから風が冷たくなりますねー。」と、車では分からない風を感じたようです。落葉の多くなるこの時期、道路が滑りやすくなりますので運転には十分気をつけてお越しください。
〈日本酒の美味しい季節〉
「お料理ぜ〜んぶ美味しかったです!」
寒くなってきたこの頃では夕食時に日本酒を召し上がる方が多くなりました。大阪からお越しの坂倉様達は『大雪渓大吟醸美山錦』」と『馬刺し』で大満足!
〈安曇野のイベント/安曇野スタイル2007〉
133件が参加する街ぐるみのイベントです。 地図はhttp://www.azumino-style.com/map/map_index.htm
安曇野には家具や木工をはじめ、陶、ガラス、染め、織など、ものづくりをする人達の工房や、クラフトショップ、ギャラリー、美術館などがたくさんなります。普段は非公開であったり、事前連絡が必要な所が多いのですが、この4日間は自由に訪問することができます。工房で仕事をするところを見学したり、作品を見たり、作家と話をしたり…。ギャラリーや美術館、飲食店などでも期間中だけの企画やサービスがあったりしますから、色々なところを巡って秋の安曇野を楽しんでください。
個性あふれる色々な作品に出会えます。
【開催日】11月1日(木)〜4日(日)
【参加会場】安曇野の各工房・アトリエ・クラフトショップ・美術館・ギャラリー・カフェなど
【お問合せTEL】 0263-83-5412
【関連サイト】http://www.azumino-style.com 公開されるアトリエなど紹介しています

※ 有明荘は11月24日(土)ご宿泊まで営業いたしております。JR穂高駅からの中房線乗合バスは11月25日(日)まで運行されます。
※中房線に落ち葉のあるこの時期は、降雨時に滑りやすくなりますので、お車でお越しのお客様はどうぞお気をつけください。

ご好評いただいている「手荷物無料預かり(6:00〜)」は今年度も引き続き承っております。
燕岳や有明山登山の際は、下山後の着替えなど余分な荷物は持たずに身軽に登りましょう。
有明荘最新情報は、毎週火曜日に更新しています。
時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘に戻る

燕山荘トップへ