有明荘最新情報
2007.9.25更新

先週は暑い日が続きましたが、今週から涼しくなるようです。
燕岳の紅葉シーズンが始まり、この連休は有明荘もたくさんの登山者で賑わいました。
<安曇野の風景/コスモス満開>

澄み渡る青い空や爽やかな風に秋を感じる安曇野。
有明山を背にあちこちでコスモスが元気に咲いています。
〈安曇野の秋〉
稲刈りを終えた田圃の「はぜかけ」が一層秋らしい風景を引き立てています。ススキの穂先にも秋を感じるようになりました。
〈紅葉情報〉
9月22日現在のモミジ 昨年10月19日のモミジ
燕岳の紅葉も始まり、山を目指す登山者の方々が増え始めました。燕岳の紅葉は10月初旬まで楽しめますが、その後徐々に谷を下って有明荘周辺の紅葉が見頃を迎えるのは例年10月20日頃からです。今はまだ一部で少し色付いている程度です。先週は気温の高い日が続きましたが、今週からは一気に気温も下がりそうなので今年も素晴らしい紅葉が期待できそうです。
〈団体登山の方へおすすめ情報〉
玄関前でご乗車できます。 岳人弁当(一例)
有明荘敷地内にはお迎えのバスを止められる無料駐車場がございます。お迎えのバスが多少早めに着いたり、下山時間が多少遅れても安心して待機していただけます。出発時間には玄関先からご乗車できるのでとても便利です。自慢の大露天風呂なので一度に大勢の方にご利用いただけるのも魅力です。
また、10名様以上であれば、入浴とご予約弁当をセットにしたお得な「岳人セット」がございます。下山後の昼食をご希望であれば、時間指定でお席をご用意してお待ち申し上げます。岳人セットの詳細は「昼食営業のページ」をご覧下さい。
〈人気の夕食献立/ニジマスの円揚げ〉
ニジマスの「円揚げ」 明科地区にあるニジマスの養殖場 清らかな水で育てられるニジマス
安曇野市明科地区は日本有数のニジマスの養殖地として有名です。
澄んだ清流で育つニジマス、一生を淡水で過ごします。きれいで冷たい天然水を利用して明科地区で養殖されています。
有明荘の夕食献立の中でも「美味しいですねー」と好評なのがこのニジマスを使った特産品「ニジマスの円揚げ(つぶらあげ)」。円揚げは、新鮮なニジマスを背開きにして一度素揚げします。すると反り返って全体が丸くなるのです。食べる直前に2度揚げし、タレをかけて美味しい「円揚げ」のできあがり!頭からしっぽまで残すことなく召し上がれます。「ますます円満に!」という願いを込めてお祝いの席などに喜ばれているお料理です。
〈安曇野情報/秋のイベント〉
秋の安曇野は色々なイベントがたくさん開催されます。今週の目玉はこちらです!
昨年の御船祭りの様子 船形の山車
【穂高神社の御船祭り】
穂高神社の御船祭りは、高さ6mにもなる大きな船形の山車をぶつけあう勇壮なお祭りです。

(日時) 9月26日(水)、27日(木)
(場所) 安曇野市穂高神社
(問合せ先)穂高神社社務所 電話:0263-82-2003
船型の山車に穂高人形を飾った大小5艘のお船が笛や太鼓の囃子(はやし)にのり、氏子衆によって神社へと曳き入れられます。勢揃いした御船のきらびやかな様子は、歴史絵巻を見るかの様です。境内を練り、神前を曳き廻るうちには、お船が激しくぶつかりあい、その壮大な迫力に圧倒されます。お船の起源は穂高神社の祭神が安曇族の祖神(おやがみ)である海神をお祀りし古代北九州に本拠があった安曇族は海洋に親しみ海運を司っていたことに遡ります。
関連サイト http://www.hotakajinja.com/
会場となる国営アルプスあづみの公園入口 昨年の様子
【第二回安曇野フェスタ】
安曇野の自然・文化・伝統・技術などを体験し、安曇野の良さを実感してもらう参加型イベントです。国営アルプスあづみの公園を会場に「あづみの」を楽しんでいただけるイベントです。

(日時) 9月29日(土)、30日(日)
(会場) 国営アルプスあづみの公園
(入場) 無料
@ 安曇野体験
自然観察トレッキングやニジマスのつかみ取り・炭火焼、わさび漬けやそば打ち体験、とんぼ玉作り、信州サーモンの試食など数々の参加型体験イベントが出来ます。
A 各種ステージイベント
太鼓の合同演奏やキッズダンス、チェーンソーアート、早春賦愛唱会によるフィナーレなど盛りだくさん。
B 安曇野大集合
安曇野の味覚、俊の農産物などのPR,販売のほか、市内企業の工業技術・製品の紹介、環境保全活動の紹介。
C SBC信越放送のテレビ特別番組とラジオ「ラジオの王様」を会場から生放送。

ご好評いただいている「手荷物無料預かり(6:00〜)」は今年度も引き続き承っております。
燕岳や有明山登山の際は、下山後の着替えなど余分な荷物は持たずに身軽に登りましょう。
有明荘最新情報は、毎週火曜日に更新しています。
時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘に戻る

燕山荘トップへ