有明荘最新情報
2007.8.21更新

今年の夏は例年より気温が高く感じますが、朝の気温は15℃前後です。
お客様の「ここの涼しさは何よりも贅沢です」との言葉に大きく頷いてしまいました。
〈有明荘盛夏/8月18日の風景〉

夏の太陽に向かって窓辺を飾る花たちも元気いっぱいです。
〈キーワードは「水」〉
有明荘前の河原 「たる沢の滝」は涼感いっぱい
中房川下流 小田支配人
先週は好天が続き、水の恋しい一週間でした。有明荘前の河原では水遊びを楽しむ方が多くみられました。中房川下流では川釣りを楽しむ姿もちらほらと・・・。
駐車場もカラカラ天気に埃っぽくなり、支配人自ら水撒きです。
〈水の郷・安曇野〉
安曇野の特産品といえば・・・「信州そば」「わさび」「ニジマス」などを思い浮かべる方が多いと思いますが、そのすべてのものを育んでいるのが「安曇野の名水」です。
北アルプスの雪解け水が扇状地下をくぐり抜け、約半年かけて穂高・豊科・明科地域の扇状地に湧き出すのです。特に、豊科地域北部一帯の湧水は「安曇野わさび田湧水群」として昭和60年に環境庁から「名水百選」のひとつに選定され、平成7年には国土庁から湧水群周辺地域を「水の郷」とする認定を受けました。この湧水がわさび栽培、ニジマスの養殖などに大きな役割を果たしているのです。安曇野わさび田湧水群は日量70万トンを誇り、真夏でも水温が15度を越えることがありません。自然の力の偉大さには感動させられます。
安曇野市内、色々な場所に水が湧いています。
名水百選わさび田湧水群 わさび田を流れる清涼な湧き水
ビレッジ安曇野(豊科地区) ビレッジ安曇野(豊科地区)
延命水(堀金地区) 力水(穂高地区)
【名水百選わさび田湧水群】豊富な水量を誇る安曇野の湧き水
【ビレッジ安曇野(豊科地区)】地元の人もよく汲みに来ています。水の出口にはガラスがはめ込まれていておしゃれです。
【延命水(堀金地区)】岩の隙間から、幾筋もの清水が白糸のように流れ落ちています。苔の緑とともに優美な水景色をつくりだしています。
【力水(穂高地区)】中房沿線上、有明荘下方6キロ地点にあります。有明荘スタッフの中には通る度に飲んでいる人も・・・。ここの水でお茶を入れると本当に美味しいのです。
〈安曇野の風景/長峰山頂より〉

青い空と緑の田圃が広がる夏の安曇野です。長峰山山頂から見下ろすと、梓川と高瀬川が合流し犀川となる水の豊富な町の様子が手に取るように分かります。
〈有明荘周辺の山野草〉
オオハンゴウソウ カメバヒキオコシ
ゲンノショウコ リョウブ
中房沿線のあちこちでリョウブの花が咲いています。深くなった緑の中で白い花はよく目立ちます。リョウブの花には甘い香りがあるので、昆虫の訪問も多い植物です。日本では1科1属1種の花だそうです。
<初秋の気配>
立秋を過ぎたとはいえ、暑い日が続き「秋」という言葉が実感できずにいましたが、ふと空を見上げるといつの間にか澄んだ空に秋雲が流れ、道沿いのススキの先も秋らしくなっていました。暑いながらも確実に秋の足音が聞こえ始めています。
<限定100食売り切れ間近>

7月〜8月、ご夕食時の追加料理として限定100食でご提供いたしておりました「信州サーモンのお造り」も好評のうちに残りわずかとなり、今週中には完売となりそうです。まだ食されていない方はお早めに!
〈夏のスタッフ大集合〉
有明荘の夏季スタッフが集合しました。7月初旬に加わった仲間もすっかり一人前の仕事をこなせるようになりました。日本各地から集まった老若男女入り混じった楽しい仲間たちです。只今、9月〜10月秋の紅葉シーズンに向け、新たにアルバイトスタッフを募集しています。あなたもこの写真の中の一員に加わってみませんか?
ご希望の方はまず、お電話ください。
【期間】9月上旬〜10月下旬 ※期間は相談に応じます。
【募集人員】3名(フロント1名/ホール1名/調理補助1名) 
※未経験者でもやる気さえあれば大歓迎です!
【受付電話番号】有明荘直通 090-2321-9991(衛星電話)
【受付時間】月〜日曜日8:00〜20:00 担当:小田

ご好評いただいている「手荷物無料預かり(6:00〜)」は今年度も引き続き承っております。
燕岳や有明山登山の際は、下山後の着替えなど余分な荷物は持たずに身軽に登りましょう。
有明荘最新情報は、毎週火曜日に更新しています。
時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘に戻る

燕山荘トップへ