有明荘最新情報
2007.6.12更新

天候が安定しない一週間でしたが、雨の恵みを受けて緑が徐々に深みを増してきました。
玄関先のヤマツツジも咲き、レンゲツツジの蕾も日々膨らみ始めています。
雨上がりの緑がとてもきれいな有明荘周辺です。
〈安曇野の風景/麦秋(ばくしゅう)〉
安曇野市内を車で走っていると、田圃の間に黄金色の絨毯を敷き詰めたような風景に出会います。
これはこの時期に収穫を迎える大麦の畑です。麦の取り入れ時を「麦秋(ばくしゅう)」といいますが、この言葉は初夏の季語として使われます。今、まさに安曇野は麦秋を迎え、育ち始めた田圃の稲の緑との美しいコントラストを見ることができます。
〈レンゲツツジ〉
有明荘庭先のレンゲツツジの蕾が日に日に大きくなるのを毎日楽しみに見ています。
〈燕岳登山口への直通バス/毎日アルペン号が走ります〉

そろそろ夏山登山の計画を立て始めた方も多いと思いますが、この夏〜秋、東京・竹橋から有明荘経由中房登山口行きの直通夜行バスが運行されることになりました(設定日のみ)。午後10時30分東京・竹橋を出発、有明荘には午前5時55分頃着、中房登山口には午前6時頃到着予定です。
〈料金〉 往路7,000円  復路6,000円
ご予約は:毎日新聞旅行 TEL 03−3216−5341までお問合せください。
詳しくは→http://www.maitabi.jp/bus/

また、有明荘では今シーズンより朝7時〜8時に朝定食(850円)をご用意いたしております。
マイカー、タクシー、乗合バスなどで早朝に着き、朝食だけを希望される方はご予約を承っております。
当日お申し込みの場合、フロント受付は朝6時からとなります。また、20名様以上の場合は必ず事前にご予約お願いいたします。
予約受付電話:有明荘直通 090-2321−9991(衛星電話)午前8時〜午後8時

また、手荷物無料お預かりも致しておりますのでご利用ください。(受付時間 午前6時〜午後8時)
〈楽しいひと時〉
日中は暖かくなり、足湯を楽しむには絶好の季節となりました。この日も登山帰りの若者達が気持ち良さそうに登山の疲れを癒していました(足湯は無料です)。一方、食堂では地元の奥様方が窓一面に広がる新緑を肴にワインで乾杯!皆さん、色々な楽しみ方をされているようです。
〈スタッフの裏仕事/ホール〉
ホールといえば、食事時間にお客様に食事の提供をする姿が思い浮かぶと思いますが、有明荘食堂から見える四季折々の風景を楽しんでいただくために窓ガラス清掃やテラスを飾る花の管理、また皿洗いや飲み物類の管理など様々な仕事をしています。『すべてはお客様に美味しく楽しいお食事時間を過ごしていただくために!』
〈私が撮った一枚〉
最新情報の写真は有明荘スタッフみんなで撮影したものを載せていますが、毎週「私の撮った一枚」と題して撮影したスタッフとその写真をご紹介しています。
第3回は川島 桂(かわしまけい)、愛称「島ちゃん」です。
「外見から『有明荘のトトロ』と呼ばれています。これでも昨年より15キロも痩せたんですよ。
まだ人並みよりは重いのですが…。」

写真は有明荘前のヤマツツジです。今年は玄関前に花がたくさん咲いています。写真のツツジは形が面白いので撮影してみました。季節ごとにいろんな花が咲きますので、是非お出かけください。
撮影者 川島 桂

ご好評いただいている「手荷物無料預かり(6:00〜)」は今年度も引き続き承っております。
燕岳や有明山登山の際は、下山後の着替えなどの余分な荷物は持たずに身軽に登りましょう。

有明荘最新情報は、毎週火曜日に更新しています。
時折、取材させていただくこともございますが、その折はご協力お願いいたします。

有明荘に戻る

燕山荘トップへ